DJI、Roninシリーズ新製品DJI RS 2発表

2020-10-15 掲載

DJIは、DJI Roninシリーズの新製品「DJI RS 2」を発表した。2020年10月15日よりDJI公式オンラインストアや、DJI認定ストア、DJI正規販売代理店および特約販売店にて予約受付を開始予定。ジンバル単品と、スマートフォンホルダー、フォーカスモーター、RavenEye映像伝送システム、専用キャリーケース等のアクセサリーが同梱されたコンボセットのオプションを用意している。販売価格はDJI RS 2単品が税込86,900円、DJI RS 2 Pro Comboが税込105,600円。

DJI RS 2は、基礎構造部分にカーボンファイバーを使用し、耐久性は高く維持したまま1.3kgまで本体を軽量化。4.5kgの動荷重(試験値)に対応できるため、映像制作者はより重量のあるカメラとレンズのセットアップを使用して撮影でき、バッテリー駆動時間も最大12時間を実現している。バッテリーが内蔵されたハンドルへ直接急速充電することが可能になり、15分の充電で2時間駆動させることができる。

DJI RS 2は、重量のあるペイロードを搭載しながら、滑らかな映像を撮影できるジンバル技術の改良を推し進めてきたという。何年も積み重ねてきた予測技術開発の経験をもとに最適化されたTitan安定化アルゴリズムにより、ユーザーの動きを補正しながら、ジンバルの傾きや角度を最適化するため、ユーザーによる手動入力の負担が軽減されている。新機能SuperSmoothモードでは、カメラの安定性が向上し、最大焦点距離100mmのレンズ使用時のわずかな振動も抑えるとしている。

セットアップや操作が容易になり、高度にカスタム化できるため、映像制作者は現場の撮影ニーズにDJI RS 2を柔軟に適応させることができる。軸ロック機構により移動やバランス調整が簡単になり、2層式カメラマウントプレートはArca SwissとManfrottoの両ブランドの規格に対応できるようになったという。また、微調整用ノブで搭載するカメラのバランス調整がより正確に行える。

1.4インチの内蔵カラータッチ画面は、カメラのデータ、ジンバル設定、カメラからのライブビューを表示する。また、11言語に対応し、画面は超高輝度画面で見やすく、アクティブトラックやインテリジェント撮影モードのような主要機能を操作できる。トリガー上部に配置された内蔵フロントダイヤルにより、正確なフォーカス制御が可能になり、RSA(Roninシリーズアクセサリー)ポートにDJI フォーカスホイールを取り付けて併用することで、2チャンネルでのフォーカスとズーム調整を実現。

DJI RS 2は、ジブ、カーマウント、スライダーなどの他のシステムに取り付けて併用することも可能。2つ搭載されているRSAポートは、NATOポートとしても機能し、グリップや遠隔操作用コントローラーなどのアクセサリーやアタッチメントを取り付けることができる。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews] Vol.46 DJI Pocket 2登場。早速TV番組の制作現場に投入してみた![後編]

実践試用 さて、いよいよPocket 2を現場に持ち出すことにした。早速TV撮影の現場で使ってみた。デモ機が届いた翌日の現場で、まだ全然その機能などを理解していない段階での利用だ... 続きを読む

[Reviews] Vol.45 DJI Pocket 2登場。早速TV番組の制作現場に投入してみた![前編]

txt:宏哉 構成:編集部 ENG現場でDJI Pocket 2使ってみた 満を持して発表したのがOSMO Pocket後継機である「DJI Pocket 2」(以... 続きを読む

Livox、近距離・長距離に対応したLiDARデバイス2製品発表

DJIの関連会社でもあるLivox Technology Company(以下:Livox)は、近距離検知向けのLiDAR「Mid-70」と長距離向けのLiDAR「Avia」を発売... 続きを読む

Apple、iPhone12発表プレゼンでドローンが宙に舞う。ドローンレーサ機でも安定映像の理由

ドローンレーサ機体に取り付けられたiPhone 12 Pro image via Apple Inc iPhone12の販売が開始された。先日アップル発表された新機種iPh... 続きを読む

DJI、メルセデス・ベンツEQフォーミュラEチームと新プロジェクト始動!

DJIは、メルセデス・ベンツ EQフォーミュラEチームのオフィシャルチームサプライヤーに決定し、両社は新プロジェクトを始動した。メルセデス・ベンツEQフォーミュラEチームは、空撮用... 続きを読む