Skydio、日本オフィス設立。国際的拡大戦略の第一歩

2020-10-20 掲載

米国Skydioは11月中旬に東京六本木に新オフィスを開設する。この動きは、NTTドコモ・ベンチャーズの投資に続き、国際的拡大戦略の第一歩と位置付けているという。Skydio JapanのCEOであるTom Moss氏が指揮をとることになる。

Skydioの自律型ドローン技術を日本にもたらすことができることを嬉しく思います。日本市場において橋や高層ビル、発電所などのインフラの安全で信頼性が高く、拡張性のある検査やメンテナンス、災害後の対応など日本での実績を基に、より安全で生産性の高い社会を創造することに注力していきます。

とMoss氏はコメントしている。

Tom Moss氏は、Skydioへ投資家でもあり、最初の事業担当者でもあり、初代最高執行責任者を務めた。Skydio JapanのCEOとして、Moss氏はSkydioのアジア太平洋地域を統括する。前職では、Razer Inc.でモバイル担当上級副社長。また、グーグルでは、日本およびアジア太平洋市場のAndroid事業開発責任者も務めた。

私たちは、ドローンをより広範な経済と社会にスケールで成功裏に統合するという点で、世界のモデルになる道を歩んでいると確信しています。とSkydioのCEOであるAdam Bry氏もコメントし、Tom Moss氏に大きな期待を寄せている。

▶︎Skydio

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Skydio、世界的自律飛行技術を日本法人市場に提供へ。Tom Moss氏が語る日本展開の理由

Skydio2で自立飛行デモを行う Tom Moss氏 Skydio Japan合同会社(以下:SkydioJ)は、Skydio社の初海外オフィスとして、東京にオフィスを開設、日... 続きを読む

NTTドコモとSkydio、「Skydio 2」など国内提供開始を発表

「Skydio 2」 株式会社NTTドコモとSkydio社は、2020年11月13日からSkydio社の自律飛行型ドローン「Skydio 2」を国内で提供開始する。また、Sk... 続きを読む

[ドローン実証実験レポート]Vol.01 君津市で実験〜Skydio J2飛行現場でみた性能の衝撃

小型点検ドローン「Skydio J2」 「Skydio J2」の正式名称は、Skydio R2 for Japanese Inspection。ドローンを利用したインフラ点検... 続きを読む

Skydio、米国国防総省「Blue sUAS」プロジェクトに軍事用X2採択される

自動飛行でおなじみのSkydioは、先日発表した「Skydio X2D」が「Defense Innovation Unit(米国国防総省の組織)」のプロジェクト「Blue sUAS... 続きを読む

NTTドコモ・ベンチャーズ、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydioに出資

Skydioのドローン「Skydio 2」 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio,Inc(以下:S... 続きを読む