DRONE

DHLとAerodyne、ドローン配送サービスで提携。マレーシアを中心に他国展開へ

DHLとAerodyne、ドローン配送サービスで提携。マレーシアを中心に他国展開へ

物流のDHL ExpressとマレーシアのAerodyne Group(以下:エアロダイン)は、ドローン技術の商業的実用化を評価することおよび、生命科学や海上サプライチェーンでドローンを活用したビジネスモデルを構築することを目標に、業務提携契約を締結した。

両社は、同パートナーシップを構築するにあたり、東マレーシアにおける医療関連物資の輸送課題の改善ニーズや、マラカン海峡を航行する船舶へ必需品の輸送を行うニーズがあることを確認しているという。

世界的なパンデミックの影響により、ラストマイル配送の課題はさらに深刻化しており、物流環境の変化に対応することがこれまで以上に急務となっている。遠隔地や陸上から船舶までを結ぶ非接触型の自動配送サービスを、ドローンなどのUAVテクノロジーによって実現する可能性がある。

例えばマレーシア・サバ州では、農村部と都市部を結ぶ道路がないため、村人がワクチンや薬をタイムリーに入手するのが難しいという課題がある。ドローンは、このインフラのギャップを克服し、地形に関係なく荷物を送ることを可能にする。ドローンはハイスピード、ローコスト、安全性に加え、トラックやボートなどの従来の輸送方法に比べて、二酸化炭素排出量を大幅に削減することができると考えられている。

エアロダインCEOのカマルル・A・ムハメド氏は次のようにコメントしている。

世界中でドローン配送事業の立ち上がりが起きている昨今、ドローン配送サービスをマレーシアおよびその他の国々で技術的にも商業的にも実現可能なものにするため、DHL Expressとの本パートナーシップを締結できたことは時宜を得たものであると考えております。

AIを活用したソリューションと革新的なデータ分析を活用した大規模なオペレーションの実績のある弊社は、あらゆる分野の企業の事業拡大とデジタルトランスフォーメンショーンに貢献することが可能です。このコラボレーションは、ドローンサービスに関する規制についての政策提言を行う弊社の活動を強化し、弊社の先進的なドローンとデータ技術の躍進にさらなる拍車をかけることになるでしょう。

Return Top