DRONE

東洋製罐グループ、ドローン着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置「SABOT for Drone」提供開始

東洋製罐グループ、ドローン着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置「SABOT for Drone」提供開始

東洋製罐グループは、より豊かな社会の実現を目指すプロジェクト「OPEN UP! PROJECT」の一環として、ドローン等に着脱可能な世界初のロボット用遠隔型スプレー缶噴射装置「SABOT for Drone」の実用化モデルを完成させ、提供を開始することを発表した。

東洋製罐グループは、多分野において様々な課題解決に寄与する可能性があるドローンに、“容器”という側面から新たな付加価値を与えられるプロダクトとして、SABOT for Droneの開発を進めてきた。実用化に向けてこれまでにない価値提案を行うべく、約1年半の開発期間を経て実用化モデルが完成した。

「SABOT for Drone」は、ドローンに殺虫剤や塗料・薬剤等が入ったスプレー缶を着脱することができ、遠隔操作で内容物を噴射することができるスプレー缶噴射装置。従来の農業用ドローンとは異なり、ホバリングした状態から上下左右に散布や噴射が可能で、さらにスプレー缶を取り換えるだけで噴射する内容物を簡単に変更することができる。

そのため、従来の見ることが中心のカメラ等による点検や地上に向けた広範囲の農薬散布のみにとどまらず、殺虫剤による蜂の巣駆除や、塗料を使って対象物の特定箇所へのマーキングといった多種多様な活用が可能。現在、SABOT for Droneに関する国内特許は登録済み、国際特許は出願中だという。

■主な特長

1.上下左右に安定的かつ精度良く散布・噴射が可能
同製品は、ノズル部分が上下左右に可動するため、操縦者の思い通りの方向に缶の内容物を噴射できるように設計されている。ノズル周辺にはカメラや対象物との距離センサを備えており、噴射精度や安全性を高める。また、インターフェースは利用者目線に立った開発を行い、使い勝手が良く自由自在な操作を実現している。

2.缶の交換により、防錆剤の噴射や蛍光塗料でのマーキング等、様々な用途で利用可能
作業中に内容物が無くなってしまった場合や、利用用途により内容物の切り替えが必要な場合でも、缶や配管を含めたノズルごと簡単に交換可能。缶の内容物を変えることで、洗浄剤で対象物の汚れを落とした後、直ぐに塗料でマーキングしたり、足場作業が必要なほど進行していないサビの補修箇所に対し、ドローンから防サビ剤を使用し初期段階からサビの発生を防止するといった保全作業など、実際の作業現場を想定した様々な使い方が可能。

3.容器、スプレー缶充填製造メーカーだからこそ可能な安全・安心の提供
装着する缶には、主に殺虫剤や、塗料、室内消臭剤、頭髪用品等で使用されるスプレー(エアゾール)缶を採用。創業100年で培ってきた東洋製罐グループの技術力とノウハウにより、容器を含めた装置全体の安全性や、安定噴射が可能な処方やノズル等の開発を実施している。

Return Top