DRONE

アトラックラボ、ドローンピンポイント自動着陸が可能な「ATランディングシステム」開発

アトラックラボ、ドローンピンポイント自動着陸が可能な「ATランディングシステム」開発

株式会社アトラックラボは、地上に小型のRTK-GNSSの基地局を置くだけで、ドローンのピンポイント着陸を可能とする「ATランディングシステム」を開発した。

地上に置くボックス(着陸ベースボックス)には、RTK-GNSSの基地局とコンパスが入っており、着陸ベースボックスに書かれている矢印方向5m先(距離は任意)に着陸させることができる。 基地局からドローンへGNSSの補正情報を送るRTKシステムとなっているため、RTK FIXの場合、十数センチ精度での着陸が可能。

着陸位置は、着陸ベースボックス内のコンパスとGNSSから算出しているため、着陸地点に特別なマーカーなどを必要とせず、着陸ベースボックスを着陸させたい地点に矢印を向けて置くだけの簡単設置だという。

ドローンが着陸地点に近づいた際に補正するため、ドローンと着陸ベースボックスは短距離通信で良く、特別な無線免許が不要。また、RTKの補正は別途PCなども不要で、機体側のRTK-GNSS受信機、専用通信モジュール、着陸ベースボックスだけの構成となる。現在は、ArdupilotのCube用となっているが、他のシステムへのカスタマイズも対応している。

Return Top