DRONE

スマートメディア、セブンセンス、ドローンで「空」の広告・エンターテインメントをプロデュース

スマートメディア、セブンセンス、ドローンで「空」の広告・エンターテインメントをプロデュース

クリエイティブ事例:シンガポール「STAR ISLAND」

株式会社ベクトルの子会社である株式会社スマートメディアは、デジタルクリエイティブ企業の株式会社セブンセンスと業務提携し、ドローンテクノロジーを活用した空の広告・エンターテインメントをプロデュースする。

ベクトルグループは、以前よりドローンが生み出すコンテンツ価値の高さに注目し、ドローンの性能を最大限引き出せるドローンパイロットの存在が重要であると捉え、ネットワーキングと育成に注力してきた。優秀なドローンパイロットを基盤にしながら、セブンセンス社のデジタルクリエイティブを組み合わせることで、より高次元でのエンターテインメント・コンテンツを創出することが可能になる。

今回提供するサービスは、多数の無人ドローンを制御しながら、機体に搭載したLEDライトによって、夜空に企業・ブランドロゴやイメージキャラクター、商品デザイン等を映し出すもので、規模感やエンターテインメント性から、ダイナミックな企業マーケティングの演出を実現するという。

ベクトルのドローンパイロットプロダクション機能を活かしながら、セブンセンスがクリエイティブ制作を担当。高次元な広告・エンターテインメントを包括的に実現できる体制をスマートメディアが全体プロデュースする。また、ベクトルグループでマーケティングおよびセールス領域もカバーすることにより、幅広いジャンルのクライアント企業に対して新たなコミュニケーションを提案する。

従来、大規模なイベント等を実施する際は、大型造作物の制作等により多額の費用がかかるが、今回の仕組みを活用することにより大幅なコスト削減が可能になる。また、イベント開催に伴う大型制作物の撤去・破棄等の必要がないため、地球環境にも良く、SDGs時代のイベントとして展開することが可能。

さらに、別機体のドローンから空中撮影した動画をコンテンツ化し、ベクトルグループのPR力を活かして各種メディアやインフルエンサーのSNS等で拡散するなど、企画から話題化までを総合的にプロデュースするとしている。

Return Top