DRONE

クボタ、ドローン果樹収穫サービス手掛けるイスラエルTevel社に出資

クボタ、ドローン果樹収穫サービス手掛けるイスラエルTevel社に出資

リンゴを収穫する有線ドローン

株式会社クボタは、アームドローンによる果樹収穫サービスを手掛けるイスラエルのスタートアップ企業Tevel Aerobotics Technologies(以下:Tevel社)に出資した。

クボタは、社外パートナーとの連携によるオープンイノベーションの推進部門として2019年に「イノベーションセンター」を立ち上げた。各地域のニーズにきめ細かく対応するため、現在は日本とオランダの2か所に設置されている。

イノベーションセンターはスタートアップ企業への出資などを通じ、先進のアグリテックやビジネスモデルへの知見を深め、農業分野でのソリューション事業の開発を加速させている。特に果樹や野菜の栽培は、穀物栽培などに比べて機械化が進展しておらず、今後の成長を期待している分野だという。

地上ユニットと有線ドローン
収穫カゴを兼ねた地上ユニット(左)と有線ドローン(中央)

Tevel社は、有線ドローンを用いた果樹収穫ロボットを開発している。ドローンは、収穫カゴやコントロール基盤を備えた地上ユニットに有線で接続されており、自動で熟した果実を見分けて収穫し、収穫カゴへと運び込む。

地上からアーム等で収穫するロボットに比べ、ドローンによる収穫は高所や枝の裏など回り込んで収穫しなければならない場所へのアクセス性に優れており、取りこぼしなく効率的な収穫作業が可能。ドローンの低空での機体制御や飛行中に果実を保持し運搬するのは難度の高い作業だが、AI技術を活用した高度な機体制御や果樹検出技術などによりスムーズな収穫作業を実現する。

■Tevel社の概要

  • 会社名:Tevel Aerobotics Technologies(テヴェル エアロボティクス テクノロジーズ)
  • 会社設立:2016年
  • 所在地:イスラエル、テルノフゲデラ
  • 事業内容:有線ドローンによる果樹収穫の作業請負
Return Top