DRONE

Archer Aviation、ユナイテッド航空から投資。eVTOL機の開発支援

Archer Aviation、ユナイテッド航空から投資。eVTOL機の開発支援

ユナイテッド航空は、Archer Aviation(以下:Archer)へ投資しeVTOL機の開発支援を行う。脱炭素化技術への投資の一環として、ユナイテッド航空は空域管理の専門知識を提供し、Archerの開発を支援することになる。

eVTOLスタートアップであるArcherは、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置く。オンライン求人マーケットプレイス「Vettery」も創業したAdcockとGoldsteinの2人が2018年にArcherを立ち上げた。

Archerが開発中のeVTOL機は、時速150マイル以下で、最大60マイルの距離を飛行できる。将来的にはより速く、遠くまで移動できる。2023年に生産を開始し、2024年に一般利用が可能となる見通しであるという。

ユナイテッド航空は、条件を満たせば、最大200機(約1045億円)を購入する方針だという。ユナイテッド航空の拠点空港から都市部へ向かう人の利用を想定している。ロサンゼルス国際空港とハリウッド間の移動では、二酸化炭素排出量を1人あたり47%削減できるという。

Archerは、2月10日、SPAC(特別目的会社)のAtlas Crest Investment Corpと合併をすると発表し、ニューヨーク証券取引所に上場すると発表した。公開後は時価総額は約38億米ドルになる見通しだ。

Return Top