DRONE

DJI、FPVで実現する没入型空撮を実現するDJI FPV発表!

DJI、FPVで実現する没入型空撮を実現するDJI FPV発表!

DJIは、直感的かつ没入感あふれる飛行体験を実現するフルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発売した。小売希望価格は以下の通り。

DJI FPVは、レース用FPVドローンの高速飛行性能や従来型ドローンのシネマティックな映像撮影を実現するカメラ性能、DJIの一般向けドローンが持つ安全機能と伝送技術の全てを兼ね備えている。また、オプションとして、片手の動きだけでドローンを制御できる画期的なモーションコントローラーにも対応。DJI FPVは、新しいドローンカテゴリーを生み出し、初心者からプロに至るあらゆるドローンファン、コンテンツクリエイターに対して、新たな可能性を提示するという。

DJI FPVサブ写真

DJI FPVには、ドローン、ゴーグル、専用送信機に加え、オプションとして、手の動きに基づきドローンを直感的に操作できる全く新しいモーションコントローラーが含まれいる。ドローンには高速飛行を可能にする高性能モーターを搭載。また、直感的に使えるUIと最新の安全機能により、優れた操作感を実現する。

FPVシステムは、DJI独自のO3伝送技術(旧名OcuSync伝送技術の3世代目)により、低遅延かつ高解像度でドローン映像を伝送する。高い信頼性と優れた伝送技術に加え、RockSteady電子式映像ブレ補正技術により、滑らかで安定した4K動画を60fpsで撮影可能としている。

3種類のフライトモードは、どんなスキルレベルのパイロットでも操作できるよう設計され、FPVシステムにすぐに慣れることができ、アマチュアでもプロでも、安心して飛行が可能。初心者がより安心かつ安全に飛行できる緊急ブレーキ&ホバリング機能を新たに搭載し、空域制限や潜在性のある危険をパイロットに知らせるGPSベースのジオフェンスシステム、また、付近を有人航空機が飛行する場合にパイロットに警告するDJIのAirSence ADS-Bレシーバーシステムなど、DJI FPVにはDJIの安全機能を多数搭載。

DJI FPVサブ写真

DJI FPVは、映画のようなダイナミックな映像を撮影を可能としている。120Mbpsでの4K60fps動画撮影に対応しているカメラが1軸ジンバルに搭載されているため、複雑な動きをしているときでも安定性を維持しつつ、垂直にカメラを回転させ、ユニークな角度で撮影可能。

DJI FPVサブ写真

また、RockSteady映像ブレ補正により、滑らかな映像を撮影し、動きの速いシーンを撮影するときでも歪みを低減。高度な歪み補正ソフトウェアにより、FPV映像でありがちな歪みを補正し、魚眼レンズ撮影のような外観になるのを防ぐという。また、パイロットは1080p/120 fpsの4倍スローモーション動画を撮影できるため、印象的な瞬間を細部まで 鮮明に再現できる。さらに、撮影した映像はH.265またはH.264フォーマットで保存できるため、メモリーカードの容量を節約できると同時に、圧縮しても高画質のまま保存できる。

なお、多くの国・地域では、FPVゴーグルを装着しながらドローンを飛行させる場合、補助者を設け、空域や周辺に危険がないか監視してもらう必要があるとしている(日本国内において屋外でゴーグルを使用しての飛行は目視外飛行になり、国土交通省航空局からの飛行の許可・承認を取得する必要があるという)。

DJI Europe クリエイティブ・ディレクター、Ferdinand Wolf氏は次のようにコメントしている。

2006年の創業以来、DJIはドローンの可能性の限界に挑戦し続けてきました。創業15周年となる今年、DJI FPVの発売を以てドローン飛行をさらに再定義し、これまでの15年間のイノベーションに敬意を表したいと思います。

DJI FPVは他社製のFPVドローンとは違い、開梱後の組み立ては必要ありません。すぐに使用でき、FPVドローンと従来型カメラドローンの最高レベルの技術を持ち併せています。レース用ドローンのように飛行でき、さらに従来型ドローンのようにホバリングでき、カスタム仕様のドローンのように加速、他のドローンよりも素早く停止します。このDJI FPVは初心者には取り扱いの難しかったFPVドローンのハードルを下げ、また、最初からシステムが構築されているので、何時間もかけシステムをゼロから組み立てる必要もありません。

没入感あふれるドローン飛行の中でも、最高級のスリルを誰でも味わうことができます。世界中の皆さんが、このDJI FPVを楽しんでいただけることを心待ちにしています。

Return Top