DRONE

DJI、没入感あふれる飛行体験や空撮を。FPVドローン「DJI FPV」発表!その全貌とは?

DJI、没入感あふれる飛行体験や空撮を。FPVドローン「DJI FPV」発表!その全貌とは?

どんなスキルレベルのパイロットでも操作できる3種類のフライトモードを搭載

DJIは3月2日、フルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発売した。これに先立ち事前のオンライン発表会が行われたので、その様子を紹介したい。

DJI FPVは、初心者からベテランパイロットまで、誰でもFPV飛行を楽しめるようにゴーグル、コントローラーなどのアクセサリーがセットになっているパッケージ化されたフルセットのFPVドローン。従来のFPVドローンで必要であったパーツを一つひとつ組み立てる複雑な専門的作業は不要で、箱を開ければすぐに飛行が可能。ジンバル、ランディングギア、トップシェルはユーザー自身で交換が可能なモジュラー設計を導入している。

DJI FPV説明写真

航空力学に基づいて設計された機体を採用しており、DJIの機体の中でも最も高速な最高速度時速140kmを実現。上下への移動速度もアップグレードされており、Sモードでは最大上昇速度は15m/s、最大下降速度は10m/sを実現。これはMavicシリーズの約3倍の性能を実現可能。

DJI FPV説明写真

バッテリーは飛行をより長く楽しめるようにDJI FPV 2000mAインテリジェントバッテリーを採用し、最大飛行時間は20分を実現。

コントローラはFPV専用に開発された「リモートコントローラー2」で、熟練度に合わせて「Nモード」「Sモード」「Mモード」の3つのフライトモードを搭載。コントローラー上部のスイッチで瞬時に切り替えを可能とする。

DJI FPV説明写真

Nモードは初心者向けモードで、その場でホバリングなど他のDJI製ドローンと同じ制御方法により、安定した没入型の飛行が可能。最高速度は時速54km/hに抑えられ、障害物検知などの安全機能も動作するという。

Sモードは、スピード感あふれる飛行を楽しめるモードで、操作性はNモードに近く、制御を利かせながらの自由度の高い高速飛行が可能。最高速度は時速97km/h。

Mモードは、完全なマニュアル操作モード。速度は最大時速140km/hに達し、垂直降下や反転など従来のドローンにない圧倒的なFPV飛行を体験可能だとしている。また、Mモードには姿勢制御機能を搭載しており、オンにすると機体は一定角度以上は傾かず、操作スティックを入れすぎた時に機体が反転するのを防ぐという。

また、操縦をより快適にするためにDJI FPVでは、クルーズコントロール機能を搭載。コントローラーの専用ボタンを押すことで、今現在出してる速度を自動で維持が可能。これにより、ユーザーは、上下左右、回転のみの操作への集中が可能になるという。

DJI FPV説明写真

手の動きに基づきドローンを直感的に操作できる全く新しいモーションコントローラー登場

DJI FPVには「DJIモーションコントローラー」と呼ばれるまったく新しいコントローラーを導入。片手で操作できるコンパクトのデバイスで、手の自然な動きに基づいて直感的な飛行操作が可能だという。

DJI FPV説明写真

FPV体験をサポートするゴーグルには、「FPV Goggles V2」が登場。リフレッシュレート144Hzの2インチのスクリーンが装備され、高画質でスリル満点な没入型飛行を提供するという。ゴーグルには、最大256GBのSDカードを挿入でき、映し出されてる画面の録画が可能とする。

2台目のゴーグルを用意すれば、オーディエンスモードが可能。このモードは操縦者が見ているリアルタイムの映像を共有可能で、家族友人と一緒にFPV飛行を楽しむことが可能。

ゴーグルのバッテリーは外付け式を採用。一本あたり駆動時間は最大で約110分。交換可能で、バッテリーを変えることでより、多くの時間を利用することを可能とする。

DJI FPV説明写真

通信方法には、新たに「DJI O3」を搭載。以前までOcuSyncと呼ばれていたもので、通信距離は最大で6km、最大ビットレートは50Mbps、レイテンシーは28msの低遅延を特徴とする。映像の解像度は1440×810と高画質を実現しており、機体、ゴーグル、新たな通信方法により、今までにない飛行体験を提供できるという。

DJI FPV説明写真

緊急ブレーキ&ホバリング機能を新たに搭載

安心安全の機能には、送信機には緊急ブレーキ&ホバリング機能を搭載。このボタン押せば、どのモードや速度であっても、飛行中の機体は数秒のうちに停止し、安定した状態でホバリングが可能。また、航空機から信号を受信するADS-Bレシーバーシステムが標準装備。航空機の接近を察知した際は、ゴーグル画面上に警告が表示されるという。

カメラセンサーは12メガピクセルの1/2.3インチCMOS センサーを搭載。FOVは広角150°で、一軸ジンバルにマウントされている。動画は最大4K 60FPS 120Mbps、HD画質で4倍スローモーション撮影が可能。ブレ補正は、電子手ぶれ補正のRock Steadyを備えている。

DJI FPVを安全かつ正確に操縦するためとして、DJI Virtualフライトを開発。実際の飛行前にDJIバーチャルフライトアプリを使って、リアルな仮想空間で飛行練習を可能としている。DJI FPVゴーグルv2と、送信機を接続するだけで操縦技術を習得できるという。

DJI FPV説明写真

FPV飛行を行うには承認が必要

なお、目視外飛行をさせる場合には国土交通大臣から事前に承認をうけることが必要になる。日本国内において、ゴーグルを使用するFPV飛行は、航空法における承認が必要となる飛行の方法のうち、目視外飛行に該当する。必ず飛行申請を行い、許可や承認を得てからの飛行となるという。

DJI FPV説明写真
Return Top