DRONE

PAL-V型空飛ぶ車がEASA認証を取得

PAL-V型空飛ぶ車がEASA認証を取得

PAL-Vは、ヨーロッパで初めて飛行車として道路許可を取得した後、EASA(欧州連合航空安全局)の完全な初の認証取得した空飛ぶ車となった。

PAL-Vの10年間のテスト結果に基づいて、EASAの専門家チームはPAL-V Libertyのための要件を最終決定した。

2009年、PAL-VはEASAとの間で、小型回転翼機の認証仕様書CS-27を基点とした認証基盤の開発に合意した。PAL-VはEASAと協力して、1,500以上の基準リストを修正し、PAL-Vにも適用可能にした。このリストは昨年、業界の専門家によるレビューのために最終版が公表された。

参考:EASAジャイロプレーンとロードビークルの併用に関する特別条件

PAL-V Liberty開発では安全性が重要であり、我々はEASAのトップエキスパートと協力できることを光栄に思っています。

空飛ぶ車を市場に出すのは難しいことです。我々は経験豊富な起業家ですが、航空業界ではすべてが指数関数的に厳しくなることを学びました。航空機だけでなく、サプライヤーや整備関係者を含む組織のすべての面で認証を取得しなければなりません。

EASAの高い安全基準は、PAL-V Libertyを使用可能にしています。最初から、我々は既存の規制に準拠するようにPAL-V Libertyを構築しました。この戦略は、市場への最短ルートを提供します。

PAL-V CTOのマイク・ステケレンバーグ氏は、コメントした。また耐空性責任者であるCees Borsboom氏は次のようにコメントしている。

今回、我々の仕事の成果を、誇りに思っています。これでコンプライアンス実証フェーズの完了を早めることができます。航空機の認証に必要な作業量を把握するのは難しいことです。

有人試験飛行を開始する前の2012年にはすでに1,500要件のサインオフが行われていた。要件の開発は2009年に始まった。

10年以上に及ぶ分析、テストデータ、飛行試験、駆動試験を経て、この重要なマイルストーンに至りました。並行して、すでに型式証明書取得に向けた適合性の実証実験を開始しており、その後、お客様への納車が予定されています。

EASA型式証明書は欧州で有効であり、米国や中国を含む世界市場の80%でも受け入れられている。

Return Top