DRONE

Genesis、中国進出時のイベントで3,281台群衆飛行で世界記録更新

Genesis、中国進出時のイベントで3,281台群衆飛行で世界記録更新

韓国自動車メーカーである現代グループの高級車部門であるGenesisが、中国に進出するにあたり、過去世界最多3,281台のドローンを使って、ショーを開催した。

2021年4月2日、上海の国際クルーズターミナルでGenesisの中国ローンチイベントは開催された。その中で"Genesis of Genesis"と題したドローンライトショーを行った。そのドローンライトショーの模様は、FPVドローンで撮影された動画を見れば一目瞭然だろう。昨年9月にDAMODAの3051機記録更新し、世界記録となった。

ドローンライトショーでは、ブラックホールの演出から始まり、大きな手が現れ、3,281台のドローンを駆使して、ジェネシスのロゴである二重螺旋を表現する。

続いて、同社の最新車に見られるフロントグリルをドローンで作成し、中国に投入される車種であるGenesis G80とGV80を表現し、「Hello, China」と文字が映し出され、ドローンショーは終了する。

今日は、Genesisにとって中国での第一歩の始まりです。中国市場は、当社のグローバルビジネスの発展において重要な役割を果たしており、中国に向けて次世代のラグジュアリーを提案できることに非常に興奮しています。

と、GenesisブランドのグローバルヘッドであるJaehoonChang氏は述べ、Genesisモーター・チャイナの最高経営責任者であるMarkus Henne氏は、以下の様にコメントした。

中国でのブランド立ち上げは、私たちのブランドの歴史の中で、おそらく最も重要な新しい章を意味します。「Genesis」は、初期段階ではブランド構築に注力し、中国のお客様にどのようにアピールしていくのか、今後も見どころを明らかにしていきます。この約束を実現する自信があります。ご期待ください。

安全で同じことが繰り返すことができる群衆飛行でのドローンライトショーは、もはや催事の定番になりつつある。この3,281台という記録もそう遠くない日に破られることは言うまでもない。

DJI AIR 2S
Return Top