DRONE

MightyFly、ハイブリッド電気自動車の貨物用ドローンで510万ドル調達

MightyFly、ハイブリッド電気自動車の貨物用ドローンで510万ドル調達

「MF-100」とMightyFly社の創業者Manal Habib氏(右)とScott Parker氏

サンフランシスコのスタートアップMightyFlyは、物流用ハイブリッドVTOLドローン開発のため、510万ドルのシード資金を調達した。

今回のラウンドには、500 Startups、At One Ventures、Global Founders Capital、Graph Ventures、Halogen Venturesなどが関わっている。MightyFly社によると、今回の資金調達は、雇用の拡大、機体のスケールアップ、ハブのグローバルネットワークをサポートするために必要なインフラの構築に使用されるという。

MightyFly社によると、自律走行型のMF-100は、貨物容量45キログラム、巡航速度時速240Km、航続距離965Kmを予定しており、さらに貨物容量225kgの大型機も計画しているという。いずれのモデルも、同一飛行中に複数の配送を行うことができる仕様だ。

共同設立者兼CEOのManal Habib氏は、MITとスタンフォード大学を卒業し、Ziplineで飛行制御を担当、共同設立者兼最高技術責任者のScott Parker氏は、Ziplineでシニアメカニカルエンジニアを務め、Volansi社で製品設計を担当していた。

MightyFlyは、規模の経済と自律性を結びつけることで、物流を完全に破壊し、迅速でコスト効率の高い、カーボンニュートラルな貨物を、あらゆるビジネスや地域で利用できるようにします。

とHabib氏はプレスリリースで述べている。MightyFly社は、物流サービスを運営するために独自のドローンを設計・製造している唯一の女性主導のドローン企業であると主張していいる。 MightyFly社によると、同社のMF-100は、米国連邦航空局(FAA)から特別耐空証明書を取得し、カリフォルニア州でテスト飛行を行っている。今後は、FAA Part 135の認証を取得し、オーストラリアやアジアを含む他の市場での耐空証明の取得を目指すとしている。
Return Top