DRONE

PRODRONE、トンネル天井面を検査可能なドローンPD-WL納品

PRODRONE、トンネル天井面を検査可能なドローンPD-WL納品

トンネル天井面を検査可能なドローン「PD-WL」

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、株式会社ウオールナットに対しトンネルの天井面を検査可能なドローン「PD-WL」を納品した。PD-WLは、トンネル等の天井面検査に有効な自動張り付き、横ずれ防止、前後推進機能、段差乗り越え、操舵機能などの機能を有し、非GPS環境下でも安定した飛行を実現する。

PRODRONE

全国のトンネル数は約1万本あまりあり(国土交通省調べ)、その約3割にあたる3200本が建設後40年以上経過しており、急ぎ、広範囲な点検が求められている。そのニーズに応えるべくPRODRONEは、PD-WLを開発したという。

PRODRONE

汎用の大型機である「PD6B-Type2」をベースに各種センサーや推進用プロペラを追加したPD-WLは、トンネル天井面に張り付いた形で検査を行い、効率的な点検業務が可能。天井面に張り付いた際に困難となる機体の速度制御には、PRODRONE独自技術を用いており、正確な計測も実現している。

ウオールナットの担当者は、実際に現場でPD-WLを利用した感想を次のようにコメントしている。

これまでのトンネル調査では多くの調査員が必要でした。さらに調査のための仮設足場や高所作業車の組み立てといった作業に加え、機器の操作に必要な資格を有する人材も不可欠でした。その課題を解決してくれたのがこのPD-WLです。当機体を活用することで、人員不足の解消と工数やコスト削減だけでなく、迅速にサービスを提供できる様になりました。

また、社会インフラの調査には3Kというイメージもありましたが、PD-WLにより、安全でスマートな計測が行えるようになりました。今後もドローンや計測ロボットを積極的に活用し、魅力ある建設現場、イメージ向上に貢献できる企業として取り組みを進めて行きます。

Return Top