DRONE

かもめや、離島エリアでのドローン物流長期定期航路を8月開設

かもめや、離島エリアでのドローン物流長期定期航路を8月開設

株式会社かもめやは、香川県三豊市本土と粟島を結ぶドローン物流航路を2021年8月(予定)に開設する。期限を設けた実証実験とは異なり、長期定期航路としての運用を開始する。

かもめや

同サービスでは、離島住民の買い物弱者化の解消を目指して、本土・離島間をドローンが海を越えて荷物を配送する。運行は、悪天候時を除いて原則毎日行う予定。海を越える長期定期航路は世界初だという(同社調べ)。これまで日本各地で多数のドローン物流実績のある「純国産」の産業用ドローンを採用し、安全・安心の運航を実現するとしている。

■ドローン航路のイメージ

かもめや

「本土:香川県三豊市」と瀬戸内海に浮かぶ「離島:粟島(あわしま)」の間を運行する。運行距離は往復約8kmで、原則毎日運航する(悪天候時には運行を休止する場合あり)。

■同サービスの利用イメージ

  1. 午前中に粟島の皆様が欲しい商品を注文
  2. 同日の午後、ドローンが本土を出発し、粟島に着陸。着陸後は自動で荷物を切り離し、自動で本土に帰還。
  3. 粟島に到着した荷物は、島側のスタッフが自宅までお届け(予定)
Return Top