DRONE

ブルーイノベーションとDoog、移動ロボット活用した法人向けソリューション共同開発

ブルーイノベーションとDoog、移動ロボット活用した法人向けソリューション共同開発

ブルーイノベーション株式会社と株式会社Doogは、移動ロボットを活用した法人向けソリューションの共同開発において業務提携した。

両社は、同提携によりブルーイノベーションのデバイス統合プラットフォーム「Blue Earth Platform(以下:BEP)」と、Doogの自動走行ベースユニット「サウザーシリーズ」を連携させ、物流や点検、警備などにおけるオートメーション化やDX化をはじめとした法人向けソリューションの共同開発を進める。

ブルーイノベーションは、これまで複数のドローンを遠隔・目視外で自動制御・連携させ、様々な業務を自動遂行させるBEPの開発を進めてきた。近年では、DX化やオートメーション化への対応といった顧客要求に応えるべく"One Command, Cross-devise, All Missions."をテーマにロボットや各種センサーなども加えた総合的なデバイス統合プラットフォームとして開発を強化している。

その中で、点検や物流など対象業務に合わせてBEPの機能やデバイスを組み合わせ最適化した「業務・目的別BEPパッケージ」を開発し、任意の業務における作業効率の改善や安全性の確保など、さまざまなソリューションを提供している。

Doog

一方、Doogは移動ロボットの汎用ベースユニットである「サウザーシリーズ」の開発、製造、販売を行っている。サウザーシリーズは、運用の簡単さやカスタマイズ性が評価されており、製造現場、物流倉庫だけでなく、鉄道・航空整備場や、施設内バックヤード搬送、工事現場や建築現場、農業など様々なフィールドで活用されている。

また、レーザセンサーによる高精度な障害物検知・衝突回避の能力を有しているため、一般の人が行き交うサービス現場でも導入されており、空港、ホテル、図書館、介護といったフィールドにおいても活用できる汎用的な移動ロボットだという。さらに、自動追従機能、手動操縦機能、ライントレース機能(ハイウェイ機能)、メモリトレース機能など複数の動作形態を組み合わせて運用できるため、周辺機器やシステムのカスタマイズ性と合わせることで各現場に最適な運用を構築することができる。

BEPにより複数台のサウザーシリーズを同時に、かつ複数台を自動制御・連携させることで、物流や点検、警備などのBtoB領域において移動ロボット単体では成し得なかったソリューション開発を積極的に進め、業務のオートメーション化やDX化の実現、事業課題の解決に貢献していくとしている。

Return Top