DRONE

LiberawareとCSP、小型ドローン活用した屋内設備点検・監視巡回サービス事業開始

LiberawareとCSP、小型ドローン活用した屋内設備点検・監視巡回サービス事業開始

操縦型「IBIS」

株式会社Liberawareとセントラル警備保障株式会社(以下:CSP)は、小型ドローンを活用した設備点検・監視巡回サービスを協業で開始する。人が行っているルーティンワークをドローンで代替、点検・監視作業の省力化・省人化、安全性向上を提供する。

同サービスでは、GPSの届かない屋内における狭所や高所、暗所など危険性の高く、作業時に足場などが必要となる設備点検において、産業用の狭小空間特化型純国産ドローンによる撮影画像を提供することにより、安全性や生産性向上に寄与する。

Liberaware
自動巡回型「IBIS」

操縦型小型ドローンによる点検箇所の撮影や空間計測サービスを行うほか、決められた時間に決められたルートを巡回飛行し、設備点検や監視業務を自動で実施できる自動巡回型ドローンサービスを開発し、提供していく予定。また、オプションで動画データを解析・編集し、複数の動画をつなぎ合わせて3D化や点群化、オルソ画像化も実施する。

■ターゲットとするエリア

天井裏、地下ピット、煙突内部、配管タンク内部、ボイラー内部などのインフラ・プラント点検や、データセンター監視、施工進捗管理、計器監視、物流倉庫内の棚卸などを想定している。

■各社の役割

・Liberaware
屋内専用ドローンに特化したメーカーとして狭小空間特化型純国産ドローン「IBIS」を開発、すでに製鉄会社や電力会社、石油化学コンビナート等の大型プラント設備を保有する企業を中心に、煙突内、配管内、ボイラー内などの点検を実施している。今回の協業により「IBIS」の普及、業容拡大を図る。

・CSP
設備点検用ドローンの運営を全面的に請け負い、自社のドローンパイロットを育成し保有する。今後、自動巡回型ドローンを活用した警備用巡回ドローンを共同開発し、自社警備先の巡回警備の自動化を推進するとともに、警備用巡回ドローンのレンタルサービスの開始とLiberawareへの資本参加を予定している。CSPは従来より、ドローン機器やアンチドローン機器の販売に力を入れており、同事業の立ち上げとともに社内にドローン事業専門の組織を発足し、ドローン事業の拡大を図る。

Return Top