DRONE

バイエルクロップサイエンス、XAG JAPAN、量産型農業用無人車「R150」販売開始

バイエルクロップサイエンス、XAG JAPAN、量産型農業用無人車「R150」販売開始

バイエル クロップサイエンス株式会社とXAG JAPAN株式会社は、XAG Co., Ltd.が開発・製造する世界初の量産型農業用無人車「R150」の販売を2021年6月15日より開始した。取り扱い販売店については、SoraNaviのお問い合わせより確認可能。

R150の販売は、2018年に締結したバイエル クロップサイエンスとXAG JAPANとの日本国内市場における共同事業開発契約に基づくもの。2018年に販売を開始したドローンに加え、担い手不足や高齢化といった日本の農業の課題を解決するソリューションとして、新たにR150を日本の農業現場に提供する。

R150は、RTKによる制御で正確な運行と散布を実現する。高性能モーターと四輪駆動で強力なオフロードパフォーマンスを発揮し、平地はもちろん山間部の圃場や果樹園等の複雑な地形でも走行でき、最大積載重量は150kg。

散布モードでは100Lタンクを積載し、高速気流スプレーシステムやジェットスプレーヤーによって農薬の完全自動散布を実現した。噴射は左右に最大290度、上下に最大200度まで回転し、最大散布幅は12メートル、最大作業効率は5.3ヘクタール/時にも及ぶ。

作物場面では特に果樹や園芸作物において正確で省力的な散布作業が期待される。また、完全無人化の実現により、生産者の農薬散布の負担や作業者曝露を大幅に軽減する。荷台アタッチメントを取り付けることで、収穫物や農業資材、水など、散布用の農薬以外についても自動で運搬することも可能。機体については頑丈で耐久性に優れ、IP67レベルの防水防塵を有し、洗浄やメンテナンスも簡単だという。

バイエル クロップサイエンス代表取締役社長のハーラルト・プリンツ氏は次のようにコメントしている。

精密農業をリードする企業として、農業用無人車という新たな分野に参画し、R150を日本の農家さんに提供できることを大変嬉しく思っています。正確な散布と作業負荷の軽減を実現することで、日本の農家さんと農業に貢献できると確信しています。バイエルクロップサイエンスは今後も革新的な製品やサービスを提供し、日本における持続可能な農業に取り組んでいきます。

■R150 特長

  • スマート制御で、だれでも簡単、安全に高精度走行を制御可能
  • さまざまな地形において高い走行性能を発揮。最大積載能力は150kgでパワフル
  • 革新的な高速気流スプレーシステム ジェットスプレーヤーにより、正確で効率的な農薬散布を無人で実現。生産者の散布負担や作業者曝露を大幅に軽減
  • 収穫物、農業資材、水、農薬等を自動で運搬可能
  • 頑丈・堅牢な設計でロングライフ。対塵耐水(IP67)でメンテナンスも簡単
  • 複数の作業モードと拡張機能を備え、農業のさまざまな用途に効率的なソリューションを提供
  • 高度なモジュール化された設計で、さまざまな拡張性を備える
  • 2本のバッテリーで4時間持続

■R150 スペック

R150(無人車)

  • 重量:200kg(散布システム搭載時)
  • 寸法:1515mm×1090mm×1105mm
  • 最大積載重量:150kg
  • 最大走行速度:1.2m/s
  • モーター数:2
  • 単一モーター定格電力:1.5kW(1個)
  • モーター回転数:70r/min
  • 防水・防塵:IP67レベル
  • 対応傾斜度:≤15

気流スプレーシステム

  • 噴霧レベル:60~200μm
  • 最大散布幅:12m
  • タンク容量:100L
  • タンク素材:リニアポリエチレン(LLDPE)
  • 防水・防塵:IP54
  • 最大流量:4.8L/min(ダブルポンプ)
Return Top