DRONE

メトロウェザーとACSL、「風」情報のドローン運航システムへの組み込み実現

メトロウェザーとACSL、「風」情報のドローン運航システムへの組み込み実現

風況表示のイメージ

メトロウェザー株式会社と株式会社ACSLは、2021年6月、メトロウェザーの風況観測データをACSLのドローン運航制御プログラムへ組み込むことに成功した。

ロゴ

ドローンを安全かつ安定的に運航するためには、運航時に運航ルート上の「風」の情報が把握可能であることが必須と考えられている。メトロウェザーは、超高分解能ドップラー・ライダーを用いた「高精度風況観測」を提供する京都大学発ベンチャーであり、高精細な風況データのリアルタイム観測を実現するとともに、3次元風況データの配信のためのAPIを開発している。

メトロウェザーとACSLの連携により、ACSLが提供するドローン管制用GCS(Ground Control Station)に、メトロウェザーが提供する風況データをリアルタイムにオーバーレイさせることができ、ドローン運航システムにおいてドローンの運航管理者や操縦者が実際の風況情報に基づき運航を行うことが可能となった。

■ドローン運航システムへの「風」情報の組み込み

メトロウェザーによるソリューション

メトロウェザーは、京都大学生存圏研究所の長年の研究で培ったリモート・センシング技術と信号処理技術により、地上付近及び上空の空気の流れをリアルタイムに可視化するドップラー・ライダーを開発し、2021年3月には機体の大幅な小型化を実現している。更に、メトロウェザーはドップラー・ライダーにより観測した風況データを配信するためのAPIを開発し、3次元風況データのリアルタイム配信の実用化に成功した。

ACSLのドローン管制用GCS

ACSLの国産ドローンに対応した管制用GCS「PF-Station」はACSLが独自に開発した地上局用ソフトで、飛行ルート作成、飛行ルートの3D地図での確認、飛行中のモニタリング、飛行後の解析などが可能。

Return Top