DRONE

OKINAWA DRONE BASE、Freefly Systems 「Alta X」導入。情報セキュリティニーズ対応

OKINAWA DRONE BASE、Freefly Systems 「Alta X」導入。情報セキュリティニーズ対応

SONY「FX6」搭載例

沖縄を拠点に沖縄県と西日本でドローンサービスを展開するOKINAWA DRONE BASE(沖縄ドローンベース)は、2021年7月14日より、Freefly Systems Inc.(米国シアトル)社製の産業用大型ドローン「Alta X」を導入し、ハイエンド撮影サービスや購入希望企業への販売および利用開始時のサポートサービスを開始したことを発表した。

同サービスでは、現在のドローン市場において、情報セキュリティが今まで以上に重要視される点に配慮し、信頼性の高いAlta Xを導入した。情報セキュリティの安全性を担保した上で、様々な用途・サイズのカメラの搭載が可能という同製品の特長を生かし、今までは動画の撮影が主であったサービスからクオリティアップを図ったという。

■「Alta X」の特徴

Alta X
アーム格納時

Alta Xは、精度の高いGPS(RTK GPS)を利用しているため、一般的なドローンに比べ、センチメートル単位の誤差での飛行が可能。安定した精度の高いデータを入手することができ、測量や赤外線を活用した自然環境の点検、ソーラーパネルの点検、災害時の状況把握などに最適だとしている。

また、同製品はカメラを上部に搭載することで、従来難しかった橋梁下部の撮影などにも対応し、今までのドローンでは実現できなかった点検業務が可能。さらに、フレームサイズ1415mm(プロペラ含まず)という大きさを生かし、最大積載可能重量は15.9kg、飛行距離は無負荷時の最大飛行距離約5km・最大飛行時間50分と長距離長時間化しているため、大きなシネマカメラの搭載による地上カメラとのシームレスな撮影のほか、大型スピーカー搭載による災害時の避難誘導用などにも使用することができる。

■OKINAWA DRONE BASEの新サービス

1.ハイエンド撮影
ALEXA MiniやLF、RED Cinema Camera、Sony VENICEなどのこれまで搭載が難しかった大型シネマカメラの搭載に対応しており、地上撮影カメラとのシームレスな映像制作が可能なため、映画やテレビ、CM撮影などのハイエンドな動画撮影に適している。また、レーザー測量や赤外線を使った自然環境調査、大規模ソーラーパネルの撮影による点検など、高精度な点検も実現可能。

2.企業の購入時の販売およびサポート
購入希望の企業への販売および使用方法に関するレクチャーを実施。

Alta Xを活用した商用向けサービスの展開はまだ少ない中、同サービスでは、スタッフが製品の操縦も行う。ドローン撮影にはドローン操縦のための人員確保も必要で、遠隔地での業務においては、特に人件費などの負担も多くかかるが、同サービスを活用することで、よりクオリティの高い結果が入手できるだけでなく経費の削減も可能だという。今後、「ASTRO」も導入予定。

Return Top