DRONE

フソウとブルーイノベーション、3Dスキャナ活用「上下水道インフラ向け3Dモデル化」トライアルサービス開始

フソウとブルーイノベーション、3Dスキャナ活用「上下水道インフラ向け3Dモデル化」トライアルサービス開始

ドローンによる施設撮影風景

株式会社フソウとブルーイノベーション株式会社は、都市デジタルツインの中核である3D都市モデル整備に向け業務提携し、3Dスキャナおよびドローンによる上下水道インフラ向け3Dモデル化サービスのトライアル提供を2021年8月23日より開始した。

ブルーイノベーション
3Dスキャナによる施設撮影風景

3Dモデル化サービスは、インフラ施設内部を設置型レーザー計測の3Dスキャナで点群データ化し、施設外部はドローンで撮影した画像からフォトグラメトリで点群データ化することで、目視可能な上下水道インフラ施設すべてをありのままにデジタル化する。

社会インフラを支えている上下水道インフラ施設は高経年化が進んでおり、幾度もの改築・更新工事の結果、設計図面が無い、または設計図面があったとしても現状と異なる場合があり、設備の状況を正確に把握することが困難なケースが少なくないという。

これに対し、同サービスを導入することで設備を3Dモデル情報として可視化でき、関係者間でのイメージ共有や合意形成の迅速化と省力化、保守・運用業務の記録の一元化、遠隔化や効率化、高度化が実現できる。さらに、都市デジタルツインの実現に重要な3D都市モデルのデータとして、まちづくりのDXへの活用も可能となる。

両社は今後、上下水道以外のインフラ施設への展開も視野にサービス開発を加速するとともに、持続可能で強靭な都市づくりに寄与する3D都市モデル整備に向けて、積極的に取り組んでいくとしている。

ブルーイノベーション代表取締役社長の熊田貴之氏は次のようにコメントしている。

当社は、ドローンやロボット、AIなどを活用し、予兆保全の強化や、施設のDX化に貢献しています。この度の上下水道施設の3Dモデル化の取り組みは、当社の強みとフソウ様の強みを活かした革新的な取り組みです。

今後は、本サービスを広く展開するために、ドローンや測量機器を当社のデバイス統合プラットフォームである「Blue Earth Platform(BEP)」に接続し、遠隔で自動制御しつつ、撮影データを解析までワンストップで提供できるシステムにまで拡張し、3D都市モデルの構築に貢献していきます。

Return Top