DRONE

Dufour、eVTOL「Aero3」の新デザインとスペック公開

Dufour、eVTOL「Aero3」の新デザインとスペック公開

スイスのスタートアップDufour Aerospace社は、Aero3 eVTOLコンセプトを公開した。翼に追加のプロペラが搭載され、尾翼のデザインが変更されている。今年初め、デュフール社は、アーリーステージのベンチャーファンドsession.vcが主導するラウンドで、非公開の追加資金を確保したことを発表した。

Dufour社は、Aero3を「将来の先進的なエアモビリティ市場に対応するための完璧なツール」と考えている。空中ライドシェアにのみ焦点を当てているわけではない。

Aero3は、旅客輸送や緊急医療サービスなどのミッションにおいて、現在のヘリコプターに対抗するために開発されている。最大8人乗りで、巡航速度は時速350km、航続距離は最大1,020km、有効荷重は750kgを目標としている。ちなみにハイブリッド推進システムの燃料も含まれている。

Aero3の初期コンセプトでは、昨年初期飛行試験を終えた技術実証機と同様に、傾いた翼に4つのプロペラが配置されていた。新設計では、主翼に6つのプロペラを配置して冗長性を高め、さらに尾翼に2つの小型プロペラを配置している。

Dufour社の共同設立者でありCEOのThomas Pfammatter氏は、スイスの航空会社Air Zermattのヘリコプターレスキューパイロットでもある。同氏は、Aero3の運用コストの低さと環境に配慮した設計により以下のようにコメントした。

現在使用されている多くの小型・中型ヘリコプターを置き換える可能性があると考えています。我々は、スイスのイノベーション機関「Innosuisse」から助成金を受け、Aero3の風洞実験を行ったことを発表しました。

またDufour共同設立者CTOであるJasmine Kent女史によると、

大型デモ機によるテストフライトと風洞試験により、ティルトウィングデザインの優れた性能と汎用性がはっきりと確認できました。その結果は、私たちの大きな期待に応えるものでした。特徴的なティルトウィングのコンセプトは、カナダ航空のCL-84などですでに実証されているため、他のVTOLコンセプトに比べてリスクが少ないのです。ティルトウィングの開発プログラムを開始して3年が経過した今、この航空機は認証要件を満たすために成功裏に製造できると確信しています

来年には最初の本格的なプロトタイプを製作し、2022年末に向けて飛行試験を開始する予定だという。同社は、2025年末までにAero3の認証を取得することを目指している。

Dufour社は、物流、検査、モニタリング、マッピング、公共安全などの用途に向けて、同機の小型ドローン版の商品化も見込んでいる。この「Aero2」モデルの仕様については、後日公開するという。

Return Top