DRONE

Spaceflight、電気推進型軌道遷移サービス実証機で推進器稼働成功

Spaceflight、電気推進型軌道遷移サービス実証機で推進器稼働成功

三井物産エアロスペース株式会社が日本総代理店を務めるSpaceflight, Inc.(以下:Spaceflight社)は、SpaceX社のTransporter-2ミッションに同社が開発したSherpa-LTE1(電気推進機を用いたOTV実証機)を搭載し、2021年6月30日の打上後、軌道上にて同実証機に搭載されたAstra/Apollo Fusion社製電気推進器の稼働に成功した。

今後は、軌道遷移の実証実験を行う予定で、得られた飛行データは、今年12月にSpaceX社のTransporter-3ミッションに搭載予定の化学推進型OTV実証機Sherpa-LTC1の開発に活用される予定だという。

Sherpa-LTC1の打上に成功すればSpaceflight社は、電気推進型OTVを含む3基のOTV打上に成功した業界初の企業となる。Spaceflight社は低軌道のみならず、静止軌道から月周回軌道に至るまで、OTVによる衛星投入を含む軌道間輸送サービスの提供実現を目指すとしている。

Return Top