DRONE

EOS R3を FPVドローンに載せてみたら…

EOS R3を FPVドローンに載せてみたら…

YouTuberとしてもお馴染みのPeter McKinnon氏が新しいCanon EOS R3をFPVドローンに搭載し、カナダで開催されたサーキット走行会でポルシェとBMWを撮影したフッテージがアップされた。期待を裏切らないクオリティーを記録に残しているのだが…。EOS R3は、2021年11月下旬に発売予定で、価格は税込748,000円である。フラッグシップ機であるEOS R3のFPV映像は見たいが、この動画では何かが起こったようだ。

FPVドローンは、DJI FPVシステムで組み上げられたオリジナル機だ。動画では、R3を搭載したFPVドローンがBMW M5を追いかけている間、「弱い信号」がアラート表示され、ドローンは落下してしまう。それが直接の墜落原因かどうかは不明だが、ドローンは墜落し衝撃を受けて、レンズが壊れてしまった。幸いにもカメラ自体は墜落後故障なく、そのまま撮影を続行したという。その後FPVドローン機体がどうなったかは不明だ。発売前にフラッグシップ機であるCanon EOS R3の高い堅牢性を証明したことになる(本当であれば…)。

Peter McKinnon氏の後日談

Return Top