DRONE

BAE Systems、最大300kgのペイロードを実現、eVTOL開発か?

BAE Systems、最大300kgのペイロードを実現、eVTOL開発か?

英国のBAE Systems社は、Malloy Aeronautics社と共同で、最大300kgのペイロードを可能にするeVTOL「T-650」開発中であると発表した。

BAE Systemsは、軍事国際見本市「Defense and Security Equipment International」において、この機体のコンセプトモデルを展示し発表した。 BAE Systemsは、これまで大型の軍事用ナノドローンを中心に活動してきたが、今回、T-650の開発により、無人航空機の開発に大きな一歩を踏み出すことになる。

T-650は、300kgのペイロードを搭載した場合、最大航続距離30km、最高速度140km/mの性能を発揮することが期待されている。

T-650は、特に防衛関連の顧客に役立つと考えられている。船から船、船から陸への自動物流支援、戦闘時の兵士や負傷者の退避、対潜水艦戦、海上捜索・救助、監視・モニタリング、海上対策、近接航空支援などの想定用途が考えられる。

Malloy Aeronautics社の革新的な技術の実績と、我々の軍事的環境への理解、そして豊富なエンジニアリングとシステムインテグレーションの経験を結びつけることで、軍事的にも商業的にも持続可能で費用対効果の高いソリューションを開発することができます。

実際、パートナー企業は、将来の航空機が、鉱業、建設、製造、エネルギー活動などの民間企業の顧客のニーズも満たすことになると強調している。また、この重量物用T-650は、災害時の物資や人間の輸送を支援するために設計されています。

と、BAE Systems航空部門のアドバンスド・プロジェクト、テクノロジー、マニュファクチャリング・ディレクターのデイヴ・ホームズはコメントした。またMallory Aeronautics社のCEOであるOriol Badiaは、以下のようにコメントした。

軍事的な能力だけでなく、商業、安全保障、人道的な分野でも明らかな可能性を秘めています。私たちの目標は、BAE Systemsと協力して、私たちの能力が防衛のための最初で最高のものであるだけでなく、将来的にはすべての人員の安全を守るための主力製品となることです。

両社は、2022年後半にT-650の最初のテスト飛行を行い、翌年までにT-650を顧客に納入する予定だという。

Return Top