DRONE

Volocopter、中国で吉利と合弁会社設立。UAMの足がかりを固める

Volocopter、中国で吉利と合弁会社設立。UAMの足がかりを固める

Volocopterは、中国吉利科技集団の子会社AerofugiaとジョイントベンチャーVolocopter ChengduTechnologyを設立した。「UAM(Urban Air Mobility)」と呼ばれる都市型のエアモビリティーサービスを中国で手掛けるためにVolocopter機体150機を注文した。

ドイツ・ブルフザールに本社を置くVolocopter社は、この契約により、中国でいち早くUAMを導入し、市場でのリーチと販売拡大を重点を置いた企業体制が構築される。四川省の省都である成都を拠点にサービス運航する予だという。

また吉利控股集団のCEOである李東輝がVolocopter社のアドバイザリーボードに任命された。吉利は、ダイムラーやインテルといった他の主要な投資家と同程度の約10%の株式を保有している。

自動車やその他の輸送機器の大手メーカーである吉利は、成都に大規模な製造拠点を構えている。2017年、アメリカの自動車・航空会社であるTerrafugia社を買収した同社は、農業、林業、次世代輸送サービスなどの分野でドローンの展開を追求する目的で今回のAerofugia社を立ち上げた。

今回Volocopter社との合弁会社設立は、UAMを中国で飛行させ、その活動を支配しようとする吉利の努力の延長と加速を意味する。

Volocopter社のCEOであるフロリアン・ロイターは、以下のようにコメントしている。

吉利は、2019年に当社の戦略的投資家となって以来、貴重なパートナーです。

この合弁会社設立はUAM業界にとって最大の単一市場機会である中国に、手頃な価格の電動エアモビリティをもたらすための旅の重要なマイルストーンがまた一つ増えました。

合弁会社が稼動し、吉利の李氏が加わったことで、当社は安全で持続可能かつ実用的な方法でエアタクシーサービスをグローバルに展開するためのポールポジションに立つことができました。

吉利は中国市場向けにVolocopterの機体および部品を生産し、その産業・流通資産を利用して、機体の販売、配送、運用を促進することになる。

Return Top