DRONE

KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、5G利活用「ドローン・自動運転の協調制御プラットフォーム」研究開発に着手

KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、5G利活用「ドローン・自動運転の協調制御プラットフォーム」研究開発に着手

KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社は、 国立研究開発法人情報通信研究機構 が行った「Beyond 5G研究開発促進事業」に関わる公募に対して、

「ドローン・自動運転車の協調制御プラットフォーム」を提案し、2021年10月4日に採択されたことを発表した。

同研究開発において、ドローンと自動運転車に対して協調制御を行うためのプラットフォームと、それらをつなぐBeyond 5Gネットワークの研究開発を行い、2022年度以降の実証を推進するとしている。

Beyond 5Gのネットワークでは、映像配信、XR、自動運転、インフラ管理などのあらゆるサービス分野において、5Gの特長である「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」を最大限に活用するため、柔軟性および効率性を備えた通信ネットワークの実現が求められていることを背景に、以下の開発・実証実験に取り組んでいくとしている。

KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、5G利活用のための「ドローン・自動運転車の協調制御プラットフォーム」の研究開発に着手

(以下、プレスリリースより引用)

本研究開発の概要
  1. ドローンと自動運転を協調制御するための三次元地図を活用したプラットフォーム開発
    スマートドローンプラットフォームと自動運転プラットフォームの位置情報連携を行うためのインターフェイスの開発と連接対応
    ドローンと自動運転の自律運行のベースとなる三次元地図の統合および、三次元地図のリアルタイム更新機能の開発
  2. あらゆるモビリティがつながるためのBeyond 5Gネットワーク構築に向けた開発
    NICTの電波伝搬シミュレーター活用による、セルラー方式の通信の三次元の電波伝搬モデルの開発
    セルラー方式の通信と衛星を利用した通信を組み合わせたハイブリッドアーキテクチャの構築
  3. 実証試験
    開発した各技術を統合し、2022年度以降で、ドローン、自動運転、ヒトの組み合わせによる配送の効率化を実証します。
KDDI株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、5G利活用のための「ドローン・自動運転車の協調制御プラットフォーム」の研究開発に着手
Return Top