DRONE

DJI新製品ラッシュ、Action 2なのか?そのティザーの意味とは?

DJI新製品ラッシュ、Action 2なのか?そのティザーの意味とは?

昨晩、予定されている3つの新製品の一つであるシネマカメラRonin 4Dが発表され、興奮冷めやらぬばかりなのに、2つ目の新製品のティザーが登場。次の新製品発売日は、10月27日を予定されている。

色々と想像は広がるが、アクションカメラのアップデートで新製品が出ることは間違い無いと思われる。10月12日のテイザーからは、パノラマ撮影のメタファーが提示されたのだが…。

果たして今回は、このティザーが何を意味するのかである。今回のティザーから見えて来るものがある。今回のティザーからは、黒い正方形の周りを磁場を帯びた 砂鉄が反応している。ということは磁石が今回の大きなキーなのかもしれない。そして偶然にも今回、前回のティザー並べるとさらに見えてくる。このメタファーは、何かに繋ぐI/Oではないだろうか?そして今回前回でどうやら正方形の箱型が筐体なのかという事がおのずから見えてくる…。

  • 正方形の筐体
  • 磁石を使った機能
  • モジュール式
  • 以上の機能を実装したアクションカメラが出るのでは無いかと編集部では予想している。あくまでも編集部の予想なので真偽の程は10月27日を待つしかない。

    Return Top