DRONE

八景島シーパラダイスに、海洋ごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT」導入。ゲーム感覚で操作体験

八景島シーパラダイスに、海洋ごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT」導入。ゲーム感覚で操作体験

横浜・八景島シーパラダイスではこの秋、ごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT(ジェリーフィッシュボット)」を導入したと発表した。

同施設にある今夏リニューアルした自然の海の水族館「うみファーム」では、「東京湾ワンダーウォッチャーズ」と呼ばれるガイドツアーを実施している。同ツアーは、海洋動植物や東京湾をはじめとした海洋環境保全について理解を深めるための入場者向けプログラムだ。

今回、同プログラムにごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT」を導入。 カメラ付きの無線リモコンから遠隔操作することで動かすことができる海上ドローンで、手の届かないところで漂流する海洋ごみを数km先でも回収できる。

横浜・八景島シーパラダイスのガイドツアーに、海洋ごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT」を導入。ゲーム感覚で操作体験

入場者自身がドローンを使って、楽しくゲーム感覚で海のごみ拾いを体験することで、海洋環境改善の活動を体験することで、今後のSDGsの取り組みにつなげたいとしている。 海洋ごみを手軽に回収できるJELLYFISHBOTの導入は日本初となる。

JELLYFISHBOTを体験できるプログラム詳細は、以下の通り。

東京湾ワンダーウォッチャーズ
  • 時間:土休日1回目11:30~/2回目14:30~(約30分間)
  • 料金:1名600円 ※WEB事前予約制※別途、水族館に入館できるチケットが必要です。
  • 場所:水族館「うみファーム」
横浜・八景島シーパラダイスのガイドツアーに、海洋ごみ回収ドローン「JELLYFISHBOT」を導入。ゲーム感覚で操作体験
djimini3pro
Return Top