DRONE

PRODRONE、卵や豆腐など食料品のドローン配送実証実験に成功

PRODRONE、卵や豆腐など食料品のドローン配送実証実験に成功

株式会社プロドローンは、2021年9月10日愛知県新城市で、配送実証実験を名古屋鉄道株式会社と協同で行ったと発表した。

同実験は、地域の宅配を担っている生活協同コープあいちと連携したもの。 卵や豆腐など約3kgの冷蔵食料品をのせ、自動飛行で2.2km先の民家へ7分程度で届けることに成功した。

PRODRONEの提供した機体「PD6B-Type3」は、国土交通省の飛行許可申請レベル3に対応に、長野県伊那市でドローン物流ににおいて運用されている。

配送に利用したPD6B-Tpye3

配送にあたっては、中日本航空株式会社協力の下作成された空の3D地図を活用し、河川上空をドローンハイウェイとして設定。宅配トラックの配送の一部を自動運航によるドローンで代替したという。

荷物を受け取ったコープあいちの利用者は、次のように述べている。

ドローンで冷蔵品が運ばれる際、卵が割れずに届いたのに驚きました。曜日ごとに冷蔵品の日、冷凍の日、みたいに届くと助かります。

欲を言えば、ボックスを開けたら上段が冷蔵、下段が冷凍のようになってるともっと便利かなと思いました。ドローン配送によって、配達員の人の負担もこれで減ればいいですね。

PRODRONE、卵や豆腐などの食料品のドローン配送実証実験に成功
コープあいち利用者の自宅前に到着するPD6B-Type3
配達品は、佃煮やおでんの具、卵など冷蔵品3kg
Return Top