DRONE

センシンロボティクスとACSL、国産ドローンを活用した屋内自律飛行システムを協同開発

センシンロボティクスとACSL、国産ドローンを活用した屋内自律飛行システムを協同開発

株式会社センシンロボティクスと株式会社ACSLは、「SENSYN CORE」とACSLの国産ドローンMiniを活用した屋内自律飛行システムを、協同開発したと発表した。

「SENSYN CORE」上で3Dモデル(設計図面、立面図)を用いてマップを作成。 Visual SLAMなどで自己位置測位を行う「Mini」を用いて、指定ルートに沿ってドローンを自動飛行させ、取得データのアップロード・管理・可視化までの一連の流れを自動化できるという。

センシンロボティクスとACSL、国産ドローンMiniを活用した屋内自律飛行システムを協同開発
SENSYN CORE上での3Dマップ。この画面を見ながら直感的に飛行経路の作成が可能

ドローンの自律飛行に必要なGPSなどの衛星電波の受信が難しい屋内や地下室、トンネル内部、橋梁の下、タンク内部などでは、現在位置を測位できなかったり、測位誤差が大きくなる問題を抱えていた。 非GPS環境下では、自己位置を測位できる機体であっても、機体自己位置とマップ上の機体位置を合わせ、直感的なルート設定ができないことも課題だった。

今回開発されたシステムでは、3Dモデルを配置した地図上で、ルート設定や機体の自己位置表示が可能となり、ユーザビリティが向上。

屋内(非GPS環境)飛行の実運用が可能になることで、工場・プラント内、建設現場などの無人建屋設備の点検・巡視業務などに活用でき、各作業のリモート化が期待できるとしている。

djimini3pro
Return Top