DRONE

エバーブルーテクノロジーズ、5m級帆船型ドローン・Type-Xで、自動航行デモンストレーションを実施

エバーブルーテクノロジーズ、5m級帆船型ドローン・Type-Xで、自動航行デモンストレーションを実施

エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、帆船型ドローン「Type-X」のプロトタイプを用いて、自動航行デモンストレーションを、逗子湾で実施。挙動や機能、活用方法などの確認を行った。

同機は、100kg以上のペイロードをもつ全長5mクラス帆船型ドローン(自動操船トリマランヨット)。2020年開発の無人自動操船トリマランヨット「Type-A」で培った無人帆走技術が適用された。

今回の実験は、風力を使って洋上で長時間待機、漂流する遭難者を発見したり、指定した位置へ自動で航行し救助することを想定して行われた。

安全確保と積載する重量物としての役割を兼ねや監視要員を1名乗船させたものの、 操縦は自動、または遠隔にて実施。 陸上から遠隔で設定した目的地に対し、風力だけで自動航行、到達することを確認できたとしている。

海難救助や観光用途での利用の問い合わせが多かったことから、今回初めて搭乗者ありの状態で 遠隔・自動航行の製品化・市場導入を見据えてデモンストレーションを企業向けに実施したという。

Return Top