DRONE

アトラックラボ、高高度まで高速上昇できるドローンを開発

アトラックラボ、高高度まで高速上昇できるドローンを開発

株式会社アトラックラボは、 高高度に対応する機動性の高いドローンを開発したことを発表した。

同機は、クアッドコプターAT-Quadをベースとして、高高度専用のモーター、フレームとしたモデル。 飛行時間は50分以上、上昇速度は時速72km(1200m/分)と、スカイツリーの高速エレベーターの2倍の速度で上昇できるという。&

上空の飛行に適した高回転型のモーターを採用し、振動抑制するカーボンパイプを新たに開発。 カーボンパイプは、小径でありながら剛性とダンピング特性を改善した高回転モーターに適しているという。

高高度特性を活かして、気象観測などのアプリケーションにも向くとしている。

Return Top