DRONE

株式会社ドローンショー、ライトショー用機体「unika」の開発・生産を発表

株式会社ドローンショー、ライトショー用機体「unika」の開発・生産を発表

株式会社ドローンショーは12月22日、ドローンライトショー用新機体「unika」の開発について発表した。

同機体は、従来の機体より約1/3の重量350gを実現。軽量で安全性を高めた機体として開発された。衝突時の衝撃を和らげる構造を採用。落下して物に当たっても被害を抑えられるように工夫したという。 実証実験では、風速13mに耐えて飛行できることを確認したとしている。 同社は、2022年夏までに240機を生産する予定だ。

株式会社ドローンショー、ドローンショー用機体「unika」の開発・生産を発表

機体名のunikaは、「唯一の」や「ひとつになる」といった意味を持つUniに、同社の拠点である「金沢」に由来。 複数台のドローンが「ひとつ」のショーを作り出す「唯一無二」のショーを楽しんでほしい、また、ショーを通してオーディエンスの心が「ひとつになる」体験を広めたいという願いが込められている。

Return Top