DRONE

ダイナミックマップ基盤、ドローン向けに高精度空域マップ提供

ダイナミックマップ基盤、ドローン向けに高精度空域マップ提供

ドローン飛行経路(鳥羽マリンターミナル⇔福祉センター・大明東町駐車場)、黄線:飛行経路(赤線をもとに高度を与えたもの)、赤線:陸上及び海上における経路線 (出典) Google Earth Data SIO, NOAA, U.S.Navy, NGA, GEBCO Data LDEO-Columbia, NSF, NOAA Landsat / Copernicus

ダイナミックマップ基盤株式会社は、ドローンの正確な飛行に欠かせない高精度空域マップをエアモビリティ株式会社に提供し、「『空飛ぶクルマ』のナビゲーションシステム「AirNavi」のドローンを使用した実証実験」にマップが利用されたことを発表した。

準天頂衛星システムの位置補正情報を用いた高精度測位情報と組み合わせた正確なドローンの飛行実現を支援できたという。

同社は、これまで自動車の安全・快適な先進運転支援システムや自動運転システムの実現のために、HDマップデータ(High Definitionマップ、高精度3次元地図)をグローバルで提供してきた。 HDマップデータは、正確な自己位置把握の必要なデータとされる。

自動車用途のHDマップの仕様策定・整備・更新で培ってきたノウハウを、Level4飛行実現を目指すドローンなどの無人航空機の安全な飛行システムの開発に役立てるべく、無人航空機向けの空域マップの提供を進めるとしている。

djimini3pro
Return Top