DRONE

エアロネクスト、セイノーHD、NEXT DELIVERY、買物支援ドローン配送実証実験を福井県敦賀市で実施

エアロネクスト、セイノーHD、NEXT DELIVERY、買物支援ドローン配送実証実験を福井県敦賀市で実施

雪の中飛行するエアロネクストの物流専用ドローン(敦賀市愛発地区)

株式会社エアロネクストとセイノーホールディングス株式会社、株式会社NEXT DELIVERY、福井県敦賀市は、地域課題の解決に貢献する新スマート物流の構築に向けたドローン配送実証実験を、1月20日~21日に福井県・敦賀市愛発地区で実施した。

同実証は、セイノーHDとエアロネクストが共同開発・推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流「SkyHub®」の社会実装に向けて実施するもの。 敦賀市は総人口64,425人県3番目面積を占める都市で、市街地が中央に位置し、放射状に山間地域が広がる。 今回は、物資や商業施設が集積する市街地と過疎化が進行している愛発地区で「市街地・過疎地連結型ドローン物流」のモデルケースとするべく行われた。

同実証では、市街地から離れた愛発地域に住む交通弱者などへの買物支援を想定。 住民がSkyHub®アプリで注文した地元スーパーの食料品を、仮設のドローンデポ®︎(愛発地区公民館)から愛発地区の3ヶ所の仮設ドローンスタンドまでの往復最大約2.3kmをドローン配送した。

エアロネクスト、セイノーHD、NEXT DELIVERY、買物支援ドローン配送実証実験を福井県敦賀市で実施
「ごはんセット」が入った箱を届けて飛び去るドローン(疋田会館前)

実験に参加した前川さんは、 「ごはんセット」をアプリから注文した約5分後に、 片道約0.7km先のドローンスタンドへドローンによって配送され受け取る体験ができたという。

エアロネクスト、セイノーHD、NEXT DELIVERY、買物支援ドローン配送実証実験を福井県敦賀市で実施
ドローン配送された「ごはんセット」をスタッフから受取る前川さんご夫妻

敦賀市では、来年度を目標に、市街地と愛発地区が結節する地点に、 各社荷物等を集約化するドローンデポ®︎を、 愛発地区内にドローンの着陸地点となる複数のドローンスタンドを設置し、 地上配送と将来のドローン配送を想定した買物代行サービスを開始する予定だ。

エアロネクスト、セイノーHD、NEXT DELIVERY、買物支援ドローン配送実証実験を福井県敦賀市で実施
実証実験のドローン配送を終えて記念撮影(写真向かって左よりエアロネクスト代表取締役CEO田路圭輔氏、前川さん夫妻セイノーHD執行役員河合秀治氏、敦賀市長渕上隆信氏)
djimini3pro
Return Top