DRONE

エアロネクスト、NEXT DELIVERY、セイノーHD、買い物支援ドローン配送実証実験を千葉県勝浦市で実施

エアロネクスト、NEXT DELIVERY、セイノーHD、買い物支援ドローン配送実証実験を千葉県勝浦市で実施

勝浦タンタンメンセットを配送して戻るドローン(ミレーニア勝浦)

株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)、株式会社NEXT DELIVERY(以下:NEXT DELIVERY)、セイノーホールディングス株式会社(以下:セイノーHD)は、2月9日(水)~11日(金)に、千葉県勝浦市で住友商事株式会社(以下:住友商事)と勝浦市商工会の協力のもと、地域課題の解決に貢献する新スマート物流の構築に向けた、ドローン配送実証実験を実施し、2月11日(金)に報道関係者に公開した。

同実証は、セイノーHDとエアロネクストが開発推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流"SkyHub®"の社会実装に向けて実施するもの。

勝浦市は総人口16,386人(2021年12月末現在)、面積は93.96km2で、千葉県南東部に位置する。観光都市でもあり、リゾート地としても知られる一方、高齢化が進み、かつて栄えた商店街や観光業の衰退の危機に直面している。本実証実験は、勝浦市の商店街の商品を地域の施設に届けることで、買い物難民問題の解決と共に商店街の活性化を目指す「地域商店街との密着型ドローン物流」のモデルケースとするべく実施した。

20220216_katsuura_01  
勝浦市を飛行するエアロネクストの物流専用ドローン

地域商店街の食料品や日用品の詰め合わせセット、勝浦タンタンメンなどの出前セット、災害時備蓄品を、仮設の2か所のドローンデポ®からミレーニア勝浦、国際武道大学、豊浜小学校といった、6カ所の仮設ドローンスタンドまで(往復距離約1.6km~4.6km)、ドローン(雨天時はトラック)で届けた。

11日の報道関係者への公開時には、勝浦タンタンメンセットが、約5分間で興津集会所からミレーニア勝浦管理センター前までの片道約1.7kmをドローン配送され、熱々の状態で届けられた。

9日には、国際武道大学のサッカー場で練習中のサッカー部員に向けてバナナなどの食料を、ラグビー場には学生向けの食料・日用品セット、市役所の災害時備品・備蓄食料がドローンで届けられた。また、豊浜小学校の生徒たちには、バレンタインデーのチョコレートがドローンで届けられた。

20220216_katsuura_02
国際武道大学ラグビー場にドローン配送された災害備蓄品(国際武道大学)
 
小学校の生徒たちへバレンタインチョコレートを届けたドローンと記念撮影(豊浜小学校)

11日の公開実証実験の後には、ミレーニア勝浦の住民に向けて食料・日用品セットの配送やフードデリバリーを行った。

本実証後、商店街に荷物を集約化するドローンデポ®を設置するとともに、SkyHub®アプリの勝浦モデルを構築し、ドローン配送と陸上配送を組み合わせた荷物配送、買物代行、域内配送、フードデリバリーといったサービスの検討を開始する予定。地域物流を効率化、活性化する、新しい社会インフラの整備を推進することで、今後も勝浦市における地域の活性化に寄与していくとしている。

20220216_katsuura_04  
エアロネクストの物流専用ドローンを前に、(写真向かって左より)セイノーHD執行役員河合秀治、勝浦市長土屋元、勝浦商工会長小髙伸太、エアロネクスト代表取締役CEO田路圭輔、住友商事 航空事業開発部長多々良一郎
djimini3pro
Return Top