DRONE

ロボットデリバリー協会が発足。サービス構築と早期の社会実装目指す

ロボットデリバリー協会が発足。サービス構築と早期の社会実装目指す

発足式の様子。右から石田正俊(川崎重工業)、龍健太郎(ZMP)、油谷実紀(TIS)、加藤真平(ティアフォー)、金子道夫(日本郵便)、村瀬恭通(パナソニック)、板井義春(本田技研工業)、安藤公二(楽天グループ)

川崎重工業株式会社、株式会社ZMP、TIS株式会社、株式会社ティアフォー、日本郵便株式会社、パナソニック株式会社、本田技研工業株式会社および楽天グループ株式会社の8社は、自動配送ロボットを活用した配送サービス(以下:ロボットデリバリーサービス)の普及による人々の生活の利便性向上を目的とした、一般社団法人ロボットデリバリー協会を、2月18日(金)に発足させた。

昨今の宅配便の取扱個数の増加に伴う、配送の担い手不足などの物流における社会課題を解決し、生活の利便性を向上させる手段として、自動配送ロボットの活用が期待されている。また、政府においても、民間主導によるロボットデリバリーサービスの社会実装を後押しすべく、低速・小型の自動配送ロボットが公道を走る場合のルールを新たに定める動きがみられている。

こうした状況を受け、同協会は、2022年を「ロボットデリバリー元年」と位置付け、参画する各社が実証実験などによって得た知見を生かし、行政機関や団体と連携して自動配送ロボットが公道を走行するための業界における自主的な安全基準の制定や認証の仕組みづくりに取り組む。これにより、利便性と安全性を備えたロボットデリバリーサービスの基盤構築と早期の社会実装を目指すとしている。

また8社は、同協会での取り組みを通じて、ロボットデリバリーサービスのさらなる発展を推進していくとしている。

20220222_robot_01
各社の自動配送ロボット。右から川崎重工業、ZMP、TIS、ティアフォー、日本郵便、パナソニック、本田技研工業、楽天グループ

一般社団法人ロボットデリバリー協会の概要

  • 名称:一般社団法人ロボットデリバリー協会(Robot Delivery Association)
  • 所在地:東京都千代田区隼町3番19号
  • 設立年月日:2022年1月20日(木)
  • 活動内容:
    ロボットデリバリーサービスの安全基準の制定と改訂
    ロボットデリバリーサービスの安全基準に基づく認証等の仕組みづくり
    ロボットデリバリーサービスに関係する行政機関や団体などとの連携
    ロボットデリバリーサービスに関する情報の収集と発信
  • 設立発起人(50音順):
    川崎重工業株式会社、株式会社ZMP、TIS株式会社、株式会社ティアフォー、日本郵便株式会社、パナソニック株式会社、本田技研工業株式会社、楽天グループ株式会社
djimini3pro
Return Top