DRONE

ACSL、日本どこでもリモート操縦可能となるLTE対応国産ドローンの提供開始

ACSL、日本どこでもリモート操縦可能となるLTE対応国産ドローンの提供開始

物流用のキャッチャーを装着することが可能

株式会社ACSLは、LTEを介してテレメトリおよびFPV(First Person View:ドローン視点)映像を伝送することで、現地に行かなくてもリモートでドローンを操縦することができ、補助者なし目視外飛行(Level3)が可能なLTE対応国産ドローン「PF2-LTE」を2022年春より提供を開始する。

ACSLは国産の産業用ドローンを開発しており、物流、インフラ点検、災害等、様々な分野で採用されており、ドローンの制御を担うフライトコントローラを自社で開発している。セキュアなドローンの社会実装を推進するため、多くの企業と実証実験を重ねていく中で、山を越える必要のあるドローン配送や、プラント内の遠隔でのドローンによる点検画像の撮影等、LTEを介してテレメトリおよびFPV映像を伝送できるドローンによる実証実験を数多く実施している。

LTEに対応したドローンへの要望は高まっている一方で、仕様や生産オペレーション、販売オペレーション、通信料などの料金体系が整備されておらず、ドローンをスムーズに顧客に提供できる体制になっていないことが課題としてあげられている。PF2-LTEはそうした課題を解決し、配送やプラント内等のインフラ点検の現場でドローンを導入しやすくするとしている。

200220222_acsl_01
LTE機器装着のイメージ(キャリアによって異なる)

PF2-LTEの特徴

  • LTEを用いることで、ドローンと地上局(GCS)間の直接通信が不要となりインターネットを介したドローンの操縦が可能となるため、山間地やプラント内の遠隔地等での補助者なし目視外飛行(Level3)ができる
  • リモートでの運用が可能なため、操縦者は現地に居なくても運行可能
  • 複数のキャリアのLTE上空利用が可能なデバイスに対応しており、電波環境などに合わせて選択できる
  • LTEを用いることで混線が発生しないため、複数台のドローンを同時に飛行させることが可能

PF2-LTEのスペック

PF2-LTEは目視外飛行に必要な要件を満たしている。

■構造

  • 全長(プロペラ範囲):1173mm
  • 高さ:654mm
  • 重量(バッテリ2本含):7.07kg

■性能

  • 飛行速度:水平:20m/s(GPS環境下)
  • 最大対気速度:20m/s
  • 最大飛行時間:29分(ペイロードなし)、15分(最大ペイロード)
  • ペイロード:2.75kg

対環境性能

  • 使用温度範囲:0~40℃
  • 防塵防水:IP54(キャップ装着時)
djimini3pro
Return Top