DRONE

都産技研とブルーイノベーション、「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」共同開発。バーチャル化した工場などの巡回・点検が可能に

都産技研とブルーイノベーション、「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」共同開発。バーチャル化した工場などの巡回・点検が可能に

AGVが自動取得した動画から生成された360°実写VRマップイメージ。クリックで点検対象機器などの画像も表示。

地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センターとブルーイノベーション株式会社は、工場などの施設内を360°実写VRマップ化し、マップ内を巡回しながら、任意の設備や機器を点検できる「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」を開発した。

「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」は、360°カメラを搭載した複数の自動走行ロボット(Automated Guided Vehicle、以下:AGV)が移動しながら施設内や設備・機器を自動撮影し、ブルーイノベーションのデバイス統合プラットフォーム「Blue Earth Platform®(以下:BEP)」上で施設全体を実写VR化すると共に、点検したい個々の設備・機器の画像を表示する。マップ作成のための高容量データを高速通信できるよう、5G通信にも対応。

開発の背景とポイント

従来の巡回点検は、施設内を担当者がくまなく巡回することで、点検対象となる機器の確認だけではなく、設備の損傷やオイル漏れなど設備の状況を広範囲に把握している。しかし、ベテラン点検員による目視点検が主流のため、人手がかかる、判断基準があいまいになる、情報が共有しづらい、などが課題だった。

これに対し、360°ビューワーや3Dモデリングによる広範囲なデジタルデータの生成が有効とされているが、データの撮影やマップの生成を人手で実施する必要があるため、結果的に効率が悪くなり、更新頻度も低くなってしまうという課題があった。

そのような背景から、「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」では、BEPで統合管理されている360°カメラを搭載したAGVが自動巡回し、施設内や点検対象データの取得から実写VRマップ生成・更新までを自動化した。

これにより、担当者による巡回が不要となるだけではなく、AGVが走行する度に実写VRマップが更新され最新の施設状況が把握できる、実写VRマップ上で巡回・点検できるため遠隔から直感的に確認・共有できる、アナログな施設・機器情報も含め施設全体をデジタル化することでDX化に不可欠なデジタライゼーション(情報のデジタル化)が進み、業務の共有化や効率化が向上する、などのメリットがある。

「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」の特長

  • 複数のAGVが自動巡回し、施設内の360°データや点検対象の画像データを自動生成・更新
  • BEPで実写VRマップを自動生成し、点検用データも実写VRマップ上に自動マッピング
  • BEP上で実写VR空間を巡回することで、従来の巡回点検の代替が可能
  • 5G通信にも対応しており、高速データ通信が可能
20220304_bluei_01
全自動でフロア周回しデータ収集。途中でネットワークが切れても、走行とセンサーアクションは継続実行
20220304_bluei_02
さまざまなセンサーを搭載し、BEPで一括管理。人や障害物も検知

今後の展開

「360°実写VRマップ自動生成・更新システム」は、3月9日(水)~12日(土)に東京ビックサイトで開催される「2022国際ロボット展」の都産技研ブース(東ホール ブースNo.E7-17)内ブルーイノベーションエリアでAGVの実機展示ならびにデモ映像を上映する他、6月上旬から都産技研においてデモ見学を開始する予定。

この共同開発は、都産技研で実施している中小企業の5G・IoT・ロボット普及促進事業公募型共同研究として行われ、都産技研からの研究資金支援の元、同所のDX推進センターのローカル5G基地局を活用し、現場を想定したAGVの通信試験や走行試験等を実施した。

djimini3pro
Return Top