DRONE

SkyDriveとスズキ、「空飛ぶクルマ」の事業・技術連携で協定締結。社会実装の実現目指す

SkyDriveとスズキ、「空飛ぶクルマ」の事業・技術連携で協定締結。社会実装の実現目指す

株式会社SkyDriveとスズキ株式会社は、「空飛ぶクルマ」の事業化を目指し、連携協定を締結した。

両社は「空飛ぶクルマ」の社会実装実現を目指し、事業・技術連携を行う。以下について、検討を開始するとしている。

  • 機体開発及び要素技術の研究開発
  • 製造・量産体制および計画
  • スズキの四輪・二輪・マリンに「空飛ぶクルマ」を加えた新しいモビリティの具体化
  • インドを中心とした本件対象の海外市場開拓

連携協定締結の背景

SkyDriveは、空飛ぶクルマの機体メーカーとして、日常の移動に空を活用することを目指して現在2人乗りの機体を開発中で、2025年の大阪・関西万博開催時の大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現、ならびに各地域での事業展開を目指している。

スズキは四輪車、二輪車、船外機と多くの製品を提供。人々の生活に密着して地域の移動を支える、なくてはならない存在であり続けることを目指している。

世界最小のコンパクトで電動の「空飛ぶクルマ」の製造を目指すSkyDriveと、コンパクトカーの製造・販売をするスズキは、相互の連携を図ることで、四輪・二輪・マリンに続く、新しいモビリティ「空飛ぶクルマ」への事業参入を検討し、多様な選択肢を提供したいという思いから連携協定を締結するに至ったという。

今後、事業・技術連携を行うことで、技術の研究開発、製造・量産体制の計画、インドを中心とした海外市場開拓を推進し、カーボンニュートラルへの取り組みも推進していくとしている。

djimini3pro
Return Top