DRONE

ソフトバンク、双葉電子製ドローンによる物資搬送の実証実験実施。目視外で最長7km自動飛行

ソフトバンク、双葉電子製ドローンによる物資搬送の実証実験実施。目視外で最長7km自動飛行

ソフトバンク株式会社は、東京都からの受託事業として、双葉電子工業株式会社(以下:双葉電子)の協力の下、災害時の陸路の寸断などを想定した孤立地域へのドローンによる物資搬送の実証実験を、2021年12月14日から2022年1月20日まで、あきる野市、八王子市および青梅市で実施した。

同実証実験では、双葉電子が新たに開発したLTE通信モジュール搭載の物資搬送向けドローンを、LTEを利用して遠隔地から監視・飛行制御することで、高圧送電線越えを含む最長7km(往復)の距離を目視外で自動飛行(レベル3)し、20kgの荷物を安定して運搬できることを検証した。

また、ドローンが空撮した映像を、監視・飛行制御を行う拠点の他、都庁や各自治体の防災拠点などにリアルタイムに伝送することで、複数の拠点で同じ映像を見ながら的確な指示や意思疎通が図れることを確認。なお、事前に設定した地点へドローンを高精度に着陸させるため、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」と連携した他、ドローンの安全装置として、日本化薬株式会社の産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「Para Safe」を搭載して実証実験を行った。

20220330_futaba_01

実証実験の概要

  • 実施期間:2021年12月14日~2022年1月20日
  • 実施場所:あきる野市、八王子市および青梅市内の各2ルート、計6ルートを飛行
  • 使用機体:双葉電子製「FMC-01DASB」
  • 飛行距離:1ルート当たり約2.2~7.0km(片道約1.1~3.5kmの距離を往復)
  • 積載重量:20kg(2Lの水入りのペットボトル10本)
  • 実施内容
    ドローンによる物資搬送のモデルルートの作成
    各モデルルートにおけるLTEの電波環境や支障物などの環境調査
    物資搬送の実証実験
    環境調査や実証実験から得られた成果などのレポート作成

実証実験で使用したドローンについて

  • 名称:FMC-01DASB
  • サイズ:全長128×全幅146.5×高さ68cm
  • 機体重量:25kg
  • ペイロード(最大積載重量):20kg
  • 最大離陸重量:45kg
  • 飛行可能時間:約25分(ペイロードなし)
20220330_futaba_02
djimini3pro
Return Top