DRONE

ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ

ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ

株式会社ACSL(以下、ACSL)は、2022年5月13日開催の取締役会において、アイ・イート株式会社(以下、アイ・イート)との間で、資本業務提携を行うことを決議し、資本業務提携契約の締結及びアイ・イート株式の取得を決定した。アイ・イートが開発する地上走行ロボットにACSLの強みである自律制御システムを適応させることにより、より付加価値の高い地上走行ロボットの開発の実現を目指すという。

資本業務提携の概要

資本業務提携の背景

ACSLは国産の産業用ドローンを開発しており、「技術を通じて、人々をもっと大切なことへ」というミッションのもと、「最先端のロボティクス技術を追求し、社会インフラに革命を」というヴィジョンを掲げ、独自開発の自律制御技術をコアに事業を展開しているという。

ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ
ACSL、アイ・イートと資本業務提携。地上走行ロボット技術と自律制御システムを他分野展開へ

2022年1月に示した中期経営方針「ACSL Accelerate 2022」では、事業戦略の柱の一つとして自律制御システムのドローン分野以外への展開を掲げ、「持続可能なグローバル・メーカーへ」進化するための取り組みを推進しているという。

アイ・イートは、宇都宮大学発ベンチャーとして、2016年よりロボット関連事業を開始し、主に農業支援ロボット等の地上走行ロボットの開発、生産及び販売を行っており、自律移動技術や人追従技術を保有している。2016年の第7回ロボット大賞では、自走式のイチゴ収穫ロボットで文部科学省大臣賞を受賞している。

資本業務提携の内容

ACSLとアイ・イートは、両社の経営資源及びノウハウを最大限活用し、両社の製品技術の向上と事業拡大を図ることを目的として、主に以下の事項の実施を目指すことを合意しており、今後、詳細についての協議を進めていくという。

  1. 業務提携の内容
    • 両社の有する技術の融合による短期間かつ効率的な製品開発の実現
    • 両社の有する製品の連携による新たな事業展開の検討
    • 人事交流等による事業ノウハウの共有や人材育成
  2. 資本提携の内容

    ACSLは、アイ・イートが実施する第三者割当増資により発行される新株式を引き受け、同社の普通株式を取得するという。また、同社の株主である株式会社グローカリンク及びアオキシンテック株式会社より、同社の普通株式を取得。
    以上のアイ・イート株式の取得により、第三者割当増資後の同社の発行済株式総数の40.00%にあたる5,000株(取得価額50,000千円)を取得するという。

    両社は、本資本業務提携を通じて、製品開発での幅広い連携を行い、アイ・イートが保有するロボット開発関連技術とACSLが保有する自律制御関連技術とを組み合わせることで、両社においてより付加価値の高い製品開発を効率的かつ早期に実現し、製品技術の向上と事業の拡大を目指すという。

    ※中期経営方針「ACSL Accelerate FY22」
djimini3pro
Return Top