DRONE

A.L.I.、空のインフラ構築目的に山梨県北杜市と協定締結

A.L.I.、空のインフラ構築目的に山梨県北杜市と協定締結

(左から)株式会社A.L.I. Technologiesの小松周平会長、山梨県北杜市の上村英司市長

株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、山梨県北杜市における小型無人機の離発着や保守運用を行うための拠点となる空のインフラ構築を目指した連携協定を締結した。

A.L.I.は空の道路公団を目指し、運行管理システムの開発をはじめ、安心安全なエアモビリティ社会の基盤構築に取り組んでいる。山梨県が行う、先端技術の社会実装に向けた実証事業の、「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」にA.L.I.が採択され、実証の場に北杜市を選んだことで、空のインフラ整備、安心安全なエアモビリティの社会実装を目指すA.L.I.と、実証終了後も空のインフラの有効活用・社会実装を推進している北杜市、両者の目的が合致したことから同協定の締結に至ったという。

今回の実証では、北杜市に空のインフラの核となる"空の駅"を整備し、空の駅間を結ぶ飛行航路を確立するとしている。航路上を飛行している複数機体を、同社運行管理システム「C.O.S.M.O.S.」にて一元管理。実証終了後は空の駅ネットワーク網のさらなる拡大を行い、北杜市が主体となってドローンを使った災害対応の強化やドローンシェアリングの体制を構築する予定だという。

同時に、北杜市が整備した空のインフラを民間事業者に広く開放することで、ドローンによる物流の定期運航の実施を行うなど、住みよい街づくりを行っていくとしている。

20220607_ali_01
協定締結の様子

同社代表取締役の小松周平氏は、次のようにコメントしている。

2022年はドローン飛行のレベル4が解禁される年。人々の生活をより便利に、快適にするためのドローン利用が期待されている。今回の連携協定を機に、北杜市における空の産業革命を見据えたドローンの社会実装の安心安全な運用を進めたい。A.L.I.はこれからも自治体レベルのドローン実装を推進していく。

今後、両者は連携しながら、地域住民の安全・課題に配慮した空のインフラ構築を推進していくという。A.L.I.は今後も空の産業革命にむけた、ドローンの安全な社会実装に向けて北杜市と協働し事業開発に取り組んでいくとしている。

Return Top