DRONE

ジョルダン、位置情報やARを活用したスマートシティ実現に向けた実証実験を実施

ジョルダン、位置情報やARを活用したスマートシティ実現に向けた実証実験を実施

ジョルダン株式会社(以下:ジョルダン)は、日本オラクル株式会社(以下:日本オラクル)と協業し、 2022年1月15日から3月31日まで、位置情報やARを活用したスマートシティ実現に向けた実証実験を実施したと発表した。 東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス(5G等活用サービス)実証事業」における 「都市と繋がる、人と街とのコミュニケーション活性化事業」推進の一環だという。

同実証実験では、デバイスの位置情報を元に、 西新宿エリアにログインしたかのようなアプリからの入口体験を通じて、 エリア内でのイベント情報・飲食店情報を提供、 ワンクリックでのルート検索や、ARを活用した標識表示、 センシングによる施設の混雑状況、オンラインでの注文・決済などを検証。

地域活性化プラットフォームに、日本オラクルのクラウド・テクノロジー「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を活用したという。

実証期間中に提供した「乗換案内・西新宿モード」は、約2,400名の多くのユーザーに利用され、 スマートシティ実現に向けたUI検証に寄与したとしている。

ジョルダンは今後、同社主力サービスである経路検索に、 感情や個⼈の希望・趣味・趣向といった「コト軸」と位置情報をかけ合わせ、 ヒト・場所・目的をつなぎ、様々な出会いや発見を創出する地域活性化プラットフォームの提供を目指す考え。

djimini3pro
Return Top