DRONE

SkyDrive、「空飛ぶクルマ」離発着場モデルの設計プロジェクトを長大、大林組と始動

SkyDrive、「空飛ぶクルマ」離発着場モデルの設計プロジェクトを長大、大林組と始動

株式会社SkyDriveは、株式会社長大と株式会社大林組と協働で、「空飛ぶクルマ」離発着場モデル作成を推進する。

プロジェクト推進の背景

SkyDriveは、「100年に一度のモビリティ革命を牽引する」をミッションに、「日常の移動に空を活用する」未来を実現するべく、「空飛ぶクルマ」と30kg以上の重量物を運搬できる「物流ドローン」を開発している。2019年に日本で初めて「空飛ぶクルマ」の有人飛行に成功し、現在2人乗りの機体を開発中だ。2025年に大阪ベイエリアにおいて「空飛ぶクルマ」を利用したサービスの開始を目指しているという。

「空飛ぶクルマ」の実現には、離発着場の標準化が必要となってくる。長大は、明石海峡大橋や瀬戸大橋、レインボーブリッジなど日本各地や世界の橋梁設計を培い、世界の橋梁設計技術をリードする一方、ヘリポート付き病院の設計、環境アセスメントや道路騒音調査等、「空飛ぶクルマ」の離発着場構築にも繋がる事業を手掛けてきた。また、大林組は総合建設会社として国内外で数々の実績を残している。長大と大林組は、空飛ぶクルマの産業創造、モビリティの進化を応援するという意向の元、離発着場の標準化の実現に貢献するべく、今回、3社でプロジェクトを推進する運びになったという。

今後について

現在、SkyDriveが持つ機体情報や機体に関わる必要設備に関しての情報や知見を基に、離発着場の標準化(日本版)に資するべく、長大と大林組の持つ環境や交通システム、設計・施工の知見および技術を総動員した「空飛ぶクルマ」の離発着場モデル作成に向けた検討を行っているという。

同検討で得られた経験を元に、今年度より開催される「空の移動革命に向けた官民協議会 離着陸場ワーキンググループ(WG)」にて、「空飛ぶクルマ」のより良い実装のための提言を検討している。

今後SkyDriveは、エアモビリティ社会の実現に向けて離発着場の標準化を推進するべく、プロジェクトを推進していくとしている。

djimini3pro
Return Top