DRONE

DJI、無人航空機の登録義務化に伴うリモートID対応開始

DJI、無人航空機の登録義務化に伴うリモートID対応開始

DJI JAPAN株式会社は、2022年6月20日より開始された無人航空機の登録義務化に伴い、日本国内向けに販売している一部機種に関し、ファームウェア更新による内蔵リモートID機能対応を開始する。

対応機種は以下の通り。

カテゴリー モデル
一般向けドローン DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3、DJI Mavic 3 Cine、DJI Mini 2、DJI Air 2S
業務用ドローン Matrice 300 RTK、DJI Matrice 30、DJI Matrice 30T
農業用ドローン AGRAS T30、AGRAS T10

各種対応機種のファームアップについては、順次対応を進めていくとしているほか、その他対応予定機種としてDJI FPV、Mavic Air 2については順次対応していく予定だという。

djimini3pro
Return Top