DRONE

ラピュタロボティクス、ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」用デモ施設を開設

ラピュタロボティクス、ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」用デモ施設を開設

ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社は、6月28日に東京都江東区木場に約400m2のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」用デモ施設を併設した新オフィスをオープンした。

デモスペースでは、約20〜25台のピッキングアシストロボットが常備され、効率的に開発を加速することが可能になったという。

「ラピュタPA-AMR」は、ピッキング業務の生産性向上、作業者の負担軽減、人不足の問題を解決する最新のロボット。クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」とAIにより、複数台のロボットが最適なルートで連携し、荷物の搬送をする。作業者はロボットの指示に従って、安定かつ効率的にピッキング業務を遂行でき、カートを運ぶ手間からも解放されるため、生産性向上と労働環境の改善が同時に実現できるとしている。

同社は、今後において業界課題の解決及びマシンとマシンを繋げ、人々の生活を豊かにすることを目標に、ロボティクス業界をリードしていくとしている。

djimini3pro
Return Top