DRONE

調和技研、NTT東日本と農作物集荷配送ルート最適化AIツールを開発

調和技研、NTT東日本と農作物集荷配送ルート最適化AIツールを開発

東日本電信電話株式会社北海道事業部(以下:NTT東日本)と株式会社調和技研は、農作物(馬鈴薯)の集荷配送作業におけるトラックとタイヤショベルの配車ルートを最適化するAIツールを共同開発した。今秋の収穫時期より、農業協同組合(JA)士幌町でフィールド実証を開始する。

馬鈴薯の集荷は、積込作業用タイヤショベルと運搬するトラックをそれぞれ圃場に配車する。タイヤショベルやトラックは共用で運転手や台数に限りがあることから、収穫物の集荷待ちにより農作物が劣化することや、日々の集荷ルート作成者の負担、物流業界の運転者不足や2024年問題などさまざまな課題がある。

AIプログラムの開発概要

課題解決に向け、NTT東日本と調和技研は、集荷配送の最適化ルートを作成するAIプログラムを開発した。

20220705_chowagiken_01
現状の集荷イメージ:タイヤショベルとトラックが圃場で落合作業

AIプログラムは、集荷希望日・集荷場所、タイヤショベルやトラックの台数、優先したい条件(時間や距離等)を入力すると、タイヤショベルとトラックの最適なルートを地図上に表示。これにより、担当者が地図を見てルートを作成するよりもトラックの移動距離や待ち時間が少なくなり、担当者のルート作成時間の軽減にもつながる。合わせて、集荷待ちの減少による馬鈴薯の劣化の抑制、トラックの移動距離削減による化石燃料の削減、将来的にはトラックとショベルの台数の最適化による労働力不足問題へ対応が期待できるという。

20220705_chowagiken_02

今後実施される実証実験について

AIプログラムの機能を拡充させるとともに、2022年度秋の収穫時期にJA士幌町でフィールド活用し、効果の検証およびAIの精度を高め、次年度の本格導入を目指すという。

調和技研は同協業の成果は他の農作物への応用も可能であり、農業だけではなく経路選択が必要なトラック輸送全般に応用が可能だとして、流通分野への展開も見据え取り組むとしている。今後も同社はNTT東日本と連携し、AIやIoTを活用した地域課題の解決を推進していくとしている。

djimini3pro
Return Top