DRONE

SkydioとDominion Energy、ドローン目視外飛行での発電設備点検認可を取得

SkydioとDominion Energy、ドローン目視外飛行での発電設備点検認可を取得

全米最大級のエネルギー企業であるDominion Energyと、大手ドローンメーカーでのSkydioは、連邦航空局(FAA)が、7つの州で発電施設を点検するためにSkydioのドローンで目視外飛行する認可を、Dominion Energyに付与したと発表した。

許諾の結果、Dominion Energyは、コネチカット州、ジョージア州、インディアナ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、ウエストバージニア州の40以上の電力施設を点検するために、規模に応じた目視外飛行ができるようになる。

設備点検されるドローン「Skydio X2」は、頑丈で折りたためる機体と、AIベースの自律飛行エンジンとの組み合わせにより、GPSのないエリアを含むあらゆる環境を360°障害物回避をしながら安全に航行できるドローンだという。米国内で設計、組み立て、サポートされている同機は、今回のような重要インフラの検査に必要な厳しいサプライチェーンとサイバーセキュリティの要件も満たしている。パイロットはドローンを通して、構造物のあらゆる箇所を安全に接近して点検可能になるだろう。

Dominion Energyは、送電線の不具合の特定のために2014年にドローンを配備して以来、ドローンの利活用を拡大。 約50機のドローンとドローンパイロットが複数の事業分野で活躍しているという。発電施設では、体積測定と建設進捗の評価、測量とマッピングサービスの提供、インフラの検査を行う。

Dominion Energyの無人化システムプログラム担当マネージャー、Nate Robie氏は次のようにコメントしている。

バッテリー駆動のドローンによる20分の点検は、構造物の側面を懸垂下降する必要がなくなるため、同僚の安全性を高めるとともに、点検関連の準備の時間を短縮できます。

目視外ドローン利用のパイオニアとして、Dominion Energyはより安全で環境に優しい未来に貢献するとともに、運用・保守コストを下げる可能性があり、最終的には我々の顧客に利益をもたらします。

また、今回の認可取得の背景には、 バージニア州イノベーション・パートナーシップ・コーポレーションとともに、 バージニア工科大学中部大西洋航空パートナーシップ(MAAP)が主導するバージニアチームの一員として、 Skydioと協働があったという。

Skydioの担当ディレクターであるJenn Player氏は次のようにコメントしている。

この極めて重要な承認により、Dominion Energy社、Skydio、そしてドローン業界全体が、大規模で高度なドローン運用に一歩近づいたことになります。目視外運用の規模を拡大する場合、インテリジェントなドローンがあればすべてが変わります。

Skydioは、Dominion Energy社が極めて重要な施設の点検を可能にするこの免除を取得するのを支援できたことを誇りに思います。

MAAPの活動は一貫して業界を進歩させる画期的な認可と運用につながった。FAA、他の連邦政府機関、および基礎研究と先進的なテストで大手企業と協力し、業界の目標と規制の優先順位を橋渡しし、新しい先例を設定し、拡張操作のための基礎を築く実用的で強力で証拠に基づいてソリューションを開発する。

MAAPのディレクターであるTombo Jonesは次のようにコメントしている。

私たちがFAA指定試験場として行っている研究の2つの大きな目標は、Dominionのような企業が、より安全で効率的なオペレーションを実現するためにドローンを使用する実用的な方法を開発するのを支援することと、Skydioのようなドローン会社と協力して、彼らの技術の真の力を活用して新しい種類のオペレーションを可能にする機会を見つけることです。

今回の認可はその両方を達成するものであり、私たちにとって真の勝利となります。

DominionとSkydioにどのような違いがもたらされるのか、今から楽しみです。 そして、将来への布石となることを期待しています。

djimini3pro
Return Top